フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ローディーとしての自分その③ | トップページ | G-3 »

2014年8月30日 (土)

ローディーとしての自分その④

銭助です。

前回の終わりで述べたように、ロードバイクで速く

なるための練習をしようと思ったら、ランナー時代

に培った知識がそのまま使えます。

ランナーの練習を自転車に置き換えればいい訳

です。ただし、「あれっ?」と思った事があります。

それは自分の脚質についてでした。

銭助はランナー時代、上り、下り、平坦、アップ

ダウンのリズムを取りにくいコース、どれをとって

も苦手なものはありませんでした。ただ、それは

ロードレースや駅伝の話で、枠を広げると苦手な

ものも・・・。「トラック競技」と「クロスカントリー」は

苦手でした。銭助は地面を蹴って前に進むタイプ

ではなく、足を運んで走るようなタイプでした。

スピードランナーではなかったので、脚力がもの

をいうクロスカントリーなどは向いてなかった様

です。しかし、ロードに出ると話は別で、ガンガン

前に出て篩にかけるようなレースが得意でした。

さて、そんな自分だったので、ロードバイクでも

平坦も登りもいけるだろうと思っていました。

つまり自分はスプリンターではないだろうけど

オールラウンダーだろうと勝手に思ってました。

初めての160KMだった「2013ツールド国東」

で、90KMくらいからの上りで、周りにおいて

いかれるばかりでしたが、たいして練習もして

ないから、こんなもんだろうと思っていました。

しかし、「2014グランツールせとうち」でちょっと

「あれっ?おかしいぞ?」と思い始め、その後の

「2014ツールド国東」で確信しました。「自転車

では登りが苦手で遅い・・・!」

別にヘバッていなくても登りで離されるんです。

日頃から単独走ばかりやっていると、イベント

の時でないと、そういう発見がなかったりする

ようですね。

さて、自分の弱点を見つけたわけですが、結局

「それを克服しよう!」という考えにはならず・・・。

それは、週末しか乗れない自分がやりたいのは

「ロングライドイベントに出る!」ことで、レースで

上位に入りたいという願望もありません。つまり

「楽しく週末走って、楽しくイベント参加する」中で

自分なりに目標を立てた平均スピードで走れる

ように練習するというのが、銭助の方向性です。

でも、160KMをAVE・28KMで走りたいとなると

銭助の300KM/月程度の練習量では、それなり

にプランを練って進めないと厳しいものがあります。

今年は、あと3つのイベントにエントリーしています。

9月  ツールドちゃんぽん81KM(長崎県)

10月 ツールド佐伯165KM(大分県)

11月 サザンセトロングライド150KM(山口県)

7月からほぼ1ヶ月まるまる乗っていない状態も

あったので、そろそろ練習しないと165KMなんて

絶対無理です。練習もしてないのにバカみたいに

食べて、体重も2KG以上増えてるし・・・。

天気に邪魔された夏でしたが、これからは計画的に

やっていこうと思います。でもこれだけ練習してない

と、取り戻すの大変だろうなあ・・・。

というわけで今日はここまで。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« ローディーとしての自分その③ | トップページ | G-3 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/60230977

この記事へのトラックバック一覧です: ローディーとしての自分その④:

« ローディーとしての自分その③ | トップページ | G-3 »