フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« ツールド佐伯DNF その① | トップページ | G-3佐伯で怪我してた・・・。 »

2014年10月14日 (火)

ツールド佐伯DNF その②

銭助です!

さて、ツールド佐伯レポートの続きです。

ドタバタのスタート準備を終えて、競技場へ移動して

あとはスタートを待つだけです!

ぼちぼちイベントになれてきたG-3(じいさん)!

Dscn1530

Cコース76KMに出走の78歳です。

歳をとっても気持ちが若ければこんなことも出来る

というのがG-3の自慢です!

そして、デーハーカメレオンジャージでAコース出走

の銭助です!

Dscn1529

ブログを見に来てくださったみなさん!

「おった!おった!こんなヤツ!」と思うでしょう!

そうです!このアホ面の正体が銭助です!

「調子こいて走っていたけど後半見なかったよなあ」

なんて思うでしょう!

だってDNFしちゃったもん!理由は「アホだから!」

というわけで、アホな走りのレポート開始です!!!

Sコースの皆さんがスタートして、Aコース参加者が

呼ばれたので、G-3に「無理はしないこと!下りは

必ず下ハンをもつこと!雨が降ったら棄権も視野に

入れる事!雨が降るとブレーキが効きにくくなるので

早めにゆっくりブレーキングすること!」を言い聞かせ

て、スタートへ向いました。銭助はAコース2班目での

最前列からスタートでした!

風邪を娘からうつされ、咳が出て、ハナタレな以外は

体調も良好です!ハナタレも鼻炎カプセルで対策済。

今日は国東の時のように攻める気はないので列車に

乗っかったのですが、ちょっと今日の銭助にはペース

が速い!12K地点くらいでAVE・30Kオーバーです。

調子はいいのできつくはないですが、長丁場ですので

登りが始まった辺りで千切れてペースダウンしました。

20K辺りで体は良い調子なのに、膝に違和感を感じ

始めました・・・。直感したのが「クリートか・・・!」

前のブログで「靴も時々点検しましょう!」というのが

あるのですが、実は先日クリート交換をしました。

交換後、ローラーを40分漕いだだけ・・・・。

その時、簡単な調整をしたのですが、「ちょっとクリート

位置が前過ぎかな?本番では3MM程度サドルを下げ

たら問題ないか・・・。」なんて呑気に構えていたのが

この後の大失敗を招くことに・・・。

とりあえず気にせずに第1エイド目指して進みます。

が、膝の違和感から膝を庇ったペダリングになって

来ました。そのまま第1エイドに到着!

Dscn1533
Dscn1534

ここでは、うずまきというお菓子、黒棒、うまい棒等

とドリンクがありました。驚いたのはコーラがおいて

あった事です。補給とトイレを済ませて出発です。

一人旅で出たので、時速30KMをキープして進み

ます。風が結構あります。

第2エイドへ向う上り坂で、足が攣りそうな異変が

出だしました。膝を庇って変なペダリングになって

いるために、日頃使わない前モモの内側の筋肉に

負担がかかってしまったようです。まだ40KM手前

なのに、これはヒジョ~によくない展開です。

何度も「ピクッ!」とくる脚をだましながら、クルクル

ペダリングで登り切り、第2エイド到着です。

Dscn1535
Dscn1536

鯵の丸寿司を頂きました。今日のサイクリストの為に

ひとつひとつ手作りしてくださった様です。大変な手間

だったことでしょう。感謝して頂きました。本当にありが

とうございました。

補給を済ませたら、絶景の前で記念撮影です。

Dscn1539

スタッフの方に写真をお願いしたあとに、またまた

一人旅でスタートしました。気持ちよく下りました。

下り終えて平坦に入ると、ちょっと踏み込むと脚が

攣りそうになります。「塩分補給もしたし、軽いギア

でクルクルしてたら回復するだろう。」と思って進み

ますが、登りがあると攣りそうになります。途中で

脚が攣りそうになり、変な力が入って右に進路が

ずれて、後方の方の進路を塞いでしまいました。

コラテックのお兄さん、申し訳ありませんでした。

「まだたいして走ってないのにヤバくね?」なんて

思いながらも、軽めのギヤでスピード落として、ごま

かしながら進みます。AVE・はどんどん下がるけど。

なんとか昼食会場の第3エイドに到着しました。

ここで振る舞われていたのは「りゅうきゅう」という

魚の「漬け丼」のようなものと「ゴマだしうどん」です。

Dscn1540

「りゅうきゅう」は「半分食べたらお茶漬けにしてあげ

るから、あとでもっておいで!」と言われました。

これはおいしかったです。エイドでこんなご馳走が

出るなんて・・・。スゴイですね!

Dscn1541_2

大分県の大会は、おもてなしのレベルが凄く高くて

多くのサイクリストが参加するのがよく判ります。

さて、十分なご馳走を頂き、先へと出発しましたが

スタートしてすぐに、また脚が攣りました。

「エイドスタート直後にあいつ何しとるん?」てな感じ

で、みんなが通り過ぎていきます・・・・。

「カッコわるっ!」って思いました。だってまだ60K程

しか走ってないですから・・・・。

それでも脚がおさまったら、だましだましのペダリング

で進むのですが、スピードは上げられません。

ちょっと走っては自転車を降りてストレッチの繰り返し。

だんだんイライラが蓄積してきます。でも原因は自分

です・・・。銭助のアホ・・・。

とりあえず第4エイドまで行きました。

Dscn1543

が、ここで82K程です。この状態で、あともう半分

(終わりに長い登りがある)の道のりは無理と判断し

スタッフにDNFを伝え、折り返して帰ることにしました。

DNFモードが判る様に、時速20~22KMのゆったり

ペースで帰ります。帰ればちょうど100Kくらいかな?

まあ、100K走れば大会の雰囲気も楽しんだし、ヨシ

としようと思いました。

無理して故障してもアホですから・・・。

(すでに十分アホですが・・・。)

晴れ男銭助がDNF決定したからか?空が暗くなり

始め、残り3K程のところで本降りになってきました。

晴れ男銭助の神通力もDNFと共に切れた様です。

銭助が完走してたら、多分空は持ったことでしょう!

参加者の皆様、誠に申し訳ございませんでした。

これまで参加したイベントで、よくスタートしてすぐに

パンク修理している人を見て、「イベント直前にタイヤ

交換してチューブ噛んだままパンクしたんだろうなあ」

なんて思っていましたが、今回それと同レベルの失敗

をしてしまいました。やはり何かを交換したら、相応の

実走が必要です。それを怠るとすべて台無しです!

たかがクリート。されどクリート。位置の調整はバカに

できません。人間の体は基本的には頑丈に出来ては

いるのですが、異常には敏感に反応します。たとえば

欠陥住宅で傾いた床で過ごしていると、ほんの数度の

傾きでも体が異常をきたすのと同じです。

クリートの位置がしっくりきてなければ、最初は問題が

なくても、何千回、何万回のペダリングのうちに、体に

異常が発生します。

「わかっとるなら最初からやっとけ!」って話ですよね!

アホの銭助は、これで反省できるかな?

情けない結果のデータは以下の通りでした。

 走行距離  100.64KM

 所要時間  3時間55分30秒

 平均速度  25.6KM/H

懲りない銭助は、DNFを引きずらず、次のイベントの

「サザンセトロングライド」に気持ちを切り替えます。

アホは切り替えも早いんです!

というわけで、本日事件が発生したので、後日綴ります。

よければ下記ロードバイクバナークリックお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« ツールド佐伯DNF その① | トップページ | G-3佐伯で怪我してた・・・。 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

新着記事からきました(*^^*)今年は用事があり佐伯には出場できませんでした。銭助さんの記事を読んで去年の楽しかった思い出が蘇り懐かしいです!大分は湯布院ライドなんかもお弁当が美味しいですよ〜(^o^)/

やんぷ様
コメント頂きありがとうございます。
湯布院ライドですか~!!!
景色もいいし楽しそうですが、それ以上に
登りばっかりのイメージが・・・。
銭助は貧脚なので走れるかな?
どこかのイベントでお会いできるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/60473549

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド佐伯DNF その②:

« ツールド佐伯DNF その① | トップページ | G-3佐伯で怪我してた・・・。 »