フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 気分転換 | トップページ | 明日クリック。 »

2015年6月16日 (火)

アウタートップで感じたこと。

銭助です!

ロードバイクで早く走るにはどうすればいいか・・・?

この理屈はローディーなら誰でもわかるとおり、「重たいギヤ

を他の人よりハイケイデンスで回せばいい。」です。

が、そんなこと現実的ではありませんよね!

先日(6/13)にアウタートップでポタリングしてみました。

すると、意外な発見がいくつかありました。

アウタートップ・・・。当然ギヤが重くケイデンスも60前後・・・。

信号で止まってのスタートや、ちょっとした登り坂でも大変!

で、最初に感じたこと・・・。

フォームがちゃんとしていないと踏めない!

銭助はいつもケイデンス90くらいで踏める軽いギヤで走って

おりますので、ハンドルの握り位置も結構いいかげんでした。

最初は定番のブラケット。

Dsc01847

で、疲れてくると、ハンドルの肩の部分・・・。

Dsc01848

ここを握ってる時間が比較的多い気がする・・・。

(上体が起きてたら楽だから・・・)

さらに、まったり走るときのバーの部分。

Dsc01849

いろんなところを握ってましたが、アウタートップで走ったら

きちんとブラケットを握ってないと踏めません。

肩の部分を握っていると、ペダルが重たいので無駄な力が

入ってしまうため、上体が上下左右に振れて踏み込む為の

力が逃げてしまいます。

要するに、体幹をどっしり据えて正しいフォームで踏まないと

アウタートップで走り続けることは出来ませんでした。

そうすると、当然骨盤も立てて踏まないと踏めません。

力の伝達を正しくしようとすると、正しいフォームでないと無理

ということが認識できました。

いくら頭でわかっていても、実際に走る際、そんなこと考えて

ないことの方が多いですからね・・・。

正しいフォームを矯正するのにとても有効と思いました。

あと、日ごろも80㎞以上走ると出てくるおしりの痛み・・・。

これも、ハンドルの肩の部分を持って走る時間が多いために

おしり荷重になっていることが原因かな?と思いました。

よく、体重は「ハンドル」、「サドル」、「ペダル」の3つの「ル」で

バランスよく支えるといいと言われますが、どうも楽な姿勢に

走っているがために、おしり荷重になっているようで結果的に

長距離走るとおしりに負担が来ている様な気がします。

これから色々見直していこうと思います。

月に一回くらい、アウタートップ縛りで走ってみるのもいいかな。

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« 気分転換 | トップページ | 明日クリック。 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

ブラッキー様

アウタートップ縛りなんて、思い付きでやって
みたら、ちょっと意外でした。目から鱗が落ちた
様な発見にびっくり。
でも、ガシガシ踏まずにポタリングで十分ですよ。
色々やってみるもんですね~!!

こんばんは。

アウタートップのゼロ発進はやった事はないですが、たぶん無理。
私もフォーム矯正中です。が、なかなか長時間は耐えられない( ̄▽ ̄)
アウタートップは今度 サイクリングロードで試してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/61748066

この記事へのトラックバック一覧です: アウタートップで感じたこと。:

« 気分転換 | トップページ | 明日クリック。 »