フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 秋の空港ポタ その② | トップページ | 近場を試走。 »

2015年10月 8日 (木)

イベント練習の進め方 でも・・・。

銭助です。

今年のイベントも終了し、今年の目標がなくなってしまいました。

基本、銭助が参加するイベントは「ロングライド系」ばかりです。

ご存知の通り競走ではなく、エイドや景色を楽しみながら時間内

に完走しましょうという趣旨のモノ。

しかし皆さんも「今回はAVG何キロで走りたい!」といった目標

を立てて、それに向けて練習して参加すると思います。

一般的には、160㎞の大会が多いと思いますが、160㎞もの

距離を走るとなると、それなりに練習を積んでおかないと完走

することさえ困難になります。

(80km走ってもまだ半分ですから・・・。当然峠もあるし・・・。)

まず練習の第1ステップとして、完走出来るだけの「基礎体力」

と「筋持久力」をつける必要があります。

その場合、モノを言ってくるのが「月間走行距離」です。

月間距離をどれだけ走れるかで、基礎体力、筋持久力ともに

相当な差が出ます。

で、銭助が今年各月どれくらい走ったかというと

 1月  118km

 2月  115km

 3月  236km

 4月  372km

 5月  251km

 6月  309km

 7月  185km

 8月  234km

 9月  409km

チョ~少ないでしょっ!こんなもんで速くなる訳ないっしょっ!

銭助は週末ライダーの為、月間走行距離が400㎞を超えたこと

は過去4回程しかありません。(週末雨が降ったらパーですし。)

だから毎回第1ステップから第2ステップにさしかかったくらいの

練習しか毎度のことながら出来ておりません。

こんな程度では思い描く様に早く走れる様になるはずもなく・・。

また淡々と距離だけ走っていても、距離に対して強くはなれます

が、あるレベル以上に速くなれることは絶対にありません。

(スタミナはあるけど速くはないローディーの出来上がりって事。)

速くなりたければ、速くなるための練習が当然必要になります。

有効なのはインターバル練習、ペース走といった内容にLSD等

をバランスよく取り入れてやっていくこと。

これはロングライドでもヒルクライムでも負荷のかけ方やタイム

設定の仕方を変えるだけで、基本的な考え方は共通でOKです。

こういう練習をしながら上手に鉄サプリ等の補給を行って血中の

ヘモグロビン濃度を上げていくと体内の酸素運搬能力が上がり

同じ心拍まで上げても余裕度に歴然の差が出ます。

こういった踏み入った練習をレベルに応じて取り入れる事により

苦しくなってもヘタレない「選手ローディー」が出来ていきます。

(当然きつい反復練習を乗り越える必要がありますけど。)

さて、銭助の場合は・・・。

「50も過ぎて今更そんなキツイ練習するワケね~だろっ!」

ヒルクライムなどで人より早く走りたければ、そんな練習も必要

ですが、上りはキライだからヒルクライムレースは出ないし・・・。

でも、立てた目標くらいには近づける様に、通常のライドの中で

ちょっとした「頑張る区間」を設け、軽いインターバルの真似事

をしてみたり、たま~に上げ目のペース走的なライドを取り入れ

る程度かな?

まだ30代なら速くなろうと頑張りますが、50も過ぎたらね・・・。

基本的に月間走行距離が平均250kmくらいのもんですから

知識だけあっても、永遠に今のままですね。

楽しく自転車に乗れさえすれば、それでいいんです。

まあ、同じくらいの練習量の同じ年代の人に負けなければヨシ

としましょう。

自転車のよさは、年をとっても楽しめる事!

うちのG-3(じいさん)も来年は80ですが、まだまだイベントに

出る気満々ですし・・・。

自転車ってホントに素晴らしい!

皆さん、自分の目的に合った楽しみ方で末永く楽しみましょう!

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

« 秋の空港ポタ その② | トップページ | 近場を試走。 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

なもさんは今のまま、仲間達との沢山ののライドに
積極的に参加していれば、全く問題なく速く走れる
ようになりますから心配ありません。
佐伯は天候の問題であまりに乗れていなかった上
160㎞コースがキツイので仕方なかったです
が、雨の国東をAVG24KM以上で走ってるのです
から、晴れてたら25KMオーバーでいけてたかも
しれませんよ。
様は乗らない事には一歩先には踏み出せないって
ことですね。

店長さん、おはようございます。
僕と店長さんって、ホントに楽しみ方が「真逆」な
感じですもんね!でも、自分に合った楽しみ方が
出来るのもロードバイクのいいところ。
気持ちよく走れる季節になりましたし、これからも
元気にロードバイク楽しみましょう.

人より速くなりたい!!
という思いは昔に比べたら減りました。
でも人並みに、他の人に迷惑を掛けない程度には走りたいです。
一番の基本は「楽しむこと」かなあ・・・
しかし楽しむにはある程度は走れないとね。
考えてみると難しいですね。
そして銭助さんが50代ってことにビックリでした。

ボクと目指してる乗り方が見事に逆ですね!
遠いとこに行くのが苦手で、近くの山ばかり。
ロングライド、戻って帰るのがきつくって(笑)
人それぞれ、おもしろいですね。
月間走行距離は、銭助さんの方がはるかに走っておりますよww

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/62435187

この記事へのトラックバック一覧です: イベント練習の進め方 でも・・・。:

« 秋の空港ポタ その② | トップページ | 近場を試走。 »