フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« グランツールせとうち2016 その② | トップページ | グランツールせとうち2016 その④ »

2016年4月22日 (金)

グランツールせとうち2016 その③

銭助です!

さあ、週末がやってきますね!でも天気が悪そう・・・。

明日ちょっとくらい自転車乗れるかなあ・・・。

それにしても、今年の4月は雨ばっかりですね!

さて、その②から続きます。

Dscf1726_2

昼食会場でお弁当食べて、出発!

Dscf1731

すぐに次の大島に渡る橋の連絡通路に入ります。

Dscf1732

上っていくと見えてくるのが

Dscf1739

伯方大島大橋。

Dscf1733

通路は多少広めです。

Dscf1736

橋の上から、さっきの昼食会場が見える。

Dscf1737

海もきれい。でも超風。そして怖い。

Dscf1740

それにしても、写真ポイントがいっぱい。

停まっては写真ばっかりで、全然進まん!

Dscf1741

この橋もいい橋ですな。

Dscf1744

大島の海沿いを向い風の中走ります。

Dscf1745

風がなければチョ~最高!

風があっても、結構(かなり)最高!

しまなみ海道っていいですな~。

Dscf1747

ゆっくりポタリングで進んでるので、体力は十分残ってます。

Dscf1748

信号に引っかかって

Dscf1749

その先の坂を超えると・・・

Dscf1750

しまなみ海道のハイライト、来島海峡大橋が見えてきたぞ!

Dscf1751

またまた連絡通路を上りますが、ここからが忘れられない恐怖の

始まりでした。

Dscf1753

しまなみのコースは、ほとんどがフラットコース。上りと言えば

橋へと上っていく、連絡通路が大半です。

当然橋は、標高50~80Mの高所にかかってあるので、通常

の道よりも、強い風が吹いています。

特に、橋は遮るものがないため、今日の様な「超風」が吹いてる

日は、とんでもないことになってます。まるで台風のよう・・・。

Dscf1754

その超風の、トンデモネエ洗礼を、ディープリムホイールで受け

ることになります。

「ギョエ~ッ!」「ヌオ~ッ!」「ボエ~ッ!」

何度となくハンドルをとられ、自転車ごと吹き飛ばされそうになり

ながら、辺り構わず悲鳴を上げます。

とにかく、ず~っと悲鳴を上げっぱなし。

ブラケットを持ってたら、ハンドルを持って行かれるので、下ハン

を握りしめ、落車しないように、恐る恐る進むのがやっと。

自転車で、こんなにも怖い思いをしたのは初めての経験です。

特に橋脚の部分を通過する時は、風が舞っており、楽しさ余って

怖さ100倍。

Dscf1757

景色はこんなにきれいなのに・・・。

(飛ばされそうになっって、思わず足をついたところで撮影)

約5KM弱の橋を渡る間に、何度死ぬかと思ったか判りません。

やっとの思いで渡り切り、折り返し地点のエイドに到着。

Dscf1758

自転車を降りると、ハンドルを握り締めてた手が震えてました。

土方仕事のあとみたいに!

肩や首もガチガチに凝ってるし・・・。

(どんだけ力が入ってたことやら・・・。)

決して自分のライドスキルが劣ってるとは思いませんが、今日

はマジで怖かった!

で、給水した後、もらったもは

Dscf1759

レモンクッキー3枚。(これじゃ、もはやエイドとは呼べないな!)

Dscf1761

自転車を移動して、絶景の来島海峡大橋の絶景を撮影します。

Dscf1762

ここまで走ってきた証拠に銭助も入る。

Dscf1764

それにしても、凄い橋をかけたもんですねえ・・・。

ここでしか見ることの出来ない、美しい景色。

きっと、日本の橋梁技術の結晶でしょう。

仕事に携わった皆さんは誇りでしょうね!

存分に眺めたら、折返します。

さあ、ここから後半戦だ!

Dscf1768

橋の途中、人がいないポイントで1か所だけ停まって写真を

とりました。

Dscf1769

まだまだ沢山の人が、折り返しエイドに向かってます。

Dscf1770

帰りは左斜め後ろからの追い風基調で、危険は感じずに渡れ

ました。

Dscf1772

で、大島の来た道を帰ります。

Dscf1775

上って、下ると・・・

Dscf1778

また海沿い。

Dscf1779

伯方大島大橋が見えてきた。

Dscf1780

連絡通路を上って

Dscf1781

橋へと向かいます。

Dscf1783

橋の入り口。

帰りは追い風で、気持ちよく一気に渡ります。

で、橋を降りたらすぐに伯方のエイド。

ドリンクをもらって、あと頂いたのが

Dscf1784

レモンジュレ。

相変わらずの超風でテントが飛ばされそうで、テントの撤収準備

してました。

エイドのボランティアスタッフさん、ホントにご苦労様です。

Dscf1786

で、エイドから出発しようとしたとき、写真スポット発見!

石を掘った鯛。

Dscf1785

いい絵が撮れてます。

というわけで、その④へ続く。(まだまだ続くよ!)

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。







にほんブログ村

« グランツールせとうち2016 その② | トップページ | グランツールせとうち2016 その④ »

サイクルイベント」カテゴリの記事

コメント

KANEさん、おはようございます!
晴れ男パワー、あと国東と下関で発動予定です。
今回はトンデモネエ風でしたが、とっても楽しかったです。
やっぱ、イベントは晴れないとね~!!

おはようございます^^

さすが晴れ男パワー!!快晴ですね。しかし風神は銭助さんの力を持ってしても捻じ伏せられなかったんですね(^^;)

PICCOLINOさん、こんばんは!
そりゃ~、怖かったのなんの・・・。ホントに死ぬかと思った程!
終わってみれば、それも含めて楽しかったです。
みんなで「しまなみグルメライド」なんて夢ですね!

こんばんは、銭助さん (^-^)

写真を見る限りでは
澄み渡った青空で
穏やかな春に見えますが
物凄い風だったんでしょうね!

しかも
遮蔽物が何も無い
海上の橋の上…

想像しただけで…
((((;゚;Д;゚)))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/63518223

この記事へのトラックバック一覧です: グランツールせとうち2016 その③:

« グランツールせとうち2016 その② | トップページ | グランツールせとうち2016 その④ »