フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 北九州ポタ 大人の社会科見学 その① | トップページ | 北九州ポタ 大人の社会科見学 その③ »

2016年4月 5日 (火)

北九州ポタ 大人の社会科見学 その②

銭助です!

その①から続きます。

高塔山を下り、若松の市街地を通りぬけ、渡し場のある波止場

へ下りてきました。

Dscf1481

ここで最初の北九州グルメをいただきます。

Dscf1473

若松は昔、五平太船(石炭運搬のドンコ船)で石炭が運ばれてた

港です。。

だから、この石炭会館で、みんなで「石炭食うど~っ!」

「そしてみんなでSLみたいに頭から煙出すど~っ!」

ウソぴょん!

実は中にはクロワッサンの美味しいお店「三日月屋」が入って

いるんですよ!

Dscf1474

歴史のあるレトロな建物でオシャレな店内。

Dscf1475

色んなクロワッサンが並んでます。

Dscf1476

どれにするか迷います。

Dscf1477

みなさん、思い思いに選んでましたよ。

Dscf1478

銭助は、「アーモンド」にしてみました!

Dscf1479

Dscf1480

美味しいです!次回はチーズを食べてみよう。

Dscf1484

みんなで楽しく談笑しながらクロワッサンをいただきます。

Dscf1483

落ちるパンくず目当てに、ハトポッポが足元から離れません!

まったく逃げようともせず、「パンちょ~だい!」って感じ。

Dsc05502

このあと、渡船で対岸の戸畑へ渡ります。

Dscf1485

ライドのコースに渡船がいれられるのも、北九州のいいところ。

Dscf1489

自転車込で150円。15分おきに出てます。

Dscf1493

この渡船に皆さん結構興味を持ってくれたみたい。

ちょっとしたライドのアクセントになるので、渡船入りのコースは

銭助も大好きなんですよ!

さあ、戸畑に渡ったら

Dscf1495

これからちょっと車が多くて路肩の狭い要注意区間を注意して

進みます。

で、スペースワールド正面玄関の向かい側にあるのが

Dscf1498

最近「世界遺産」になった、官営八幡製鉄所の旧本事務所

Dscf1499

まあ、日本近代化の司令部みたいなところだった訳ですな。

Dscf1500

眺望スペースから思い思いに写真を撮ります。

製鐵所の構内にある為、真ん前まで行くことは出来ません。

(少し離れた場所から眺めるだけです。)

Dscf1501

ボランティアのガイドさんがいろいろと説明してくれますよ。

ちょっと時間が押してきたので、次は隣の第一高炉へ。

Dscf1503

歩道橋を渡って、スペースワールド駅の先にあるのが

Dsc05509

東田第一高炉です。

今はモニュメントとして保存されていますが、1901年に火入れ

され、急速に日本の近代化をになった歴史的な設備です。

高炉というのは、鉄鉱石から鉄を取り出す設備で、高炉を持って

いるのは、ある意味、鉄鋼メーカーのステイタス。大手である証の

ような設備です。

Dscf1506

この白いタンクの様なものが「熱風炉」

ここで1200℃くらいまで熱せられた熱風を高炉に送り込む為の

設備です。

Dscf1505

で、これが「高炉」です。

熱風炉から送った熱風で高温になった炉の中に、コークス(石炭を

蒸し焼きにしたもの)を投入し、さらに温度を上げます。

同時に鉄鉱石と石灰石を投入して、鉄鉱石を溶かして鉄を取り出

します。

化学変化により鉄と岩石成分に分かれて、鉄は比重が重いので

下に溜り、岩石成分は上に浮いて分かれます。

この時点で出来た鉄を「銑鉄」と呼びます。

銑鉄は炭素成分を多く含んでいるので、見た目は黒く、硬く加工性

はよくありません。だから鋳型で作られる「鉄瓶」や「すきやき鍋」

が、一般的にわかりやすい銑鉄の製品です。

その銑鉄を次の工程に運ぶのが

Dscf1508

トピードカー(混銑車)と呼ばれる貨車です。

このタンクに溶けた銑鉄を入れて、次の工場へ運搬します。

で、次の出番が

Dscf1509

「転炉(レードル)」という設備。

この設備で、上下から酸素を吹かして、銑鉄の炭素成分を

酸素と結合させて、二酸化炭素を発生させて鉄内の炭素を

取り除いていきます。(鉄は化学反応で造られてます。)

こうやって、ようやく皆さんの知ってる鉄になっていくんです。

ここで出来た鉄のことを「鋼(はがね)」と呼びます。

その後は、色々な合金(ステンレス)などにされたり、鉄の

製品(自動車鋼板など)として出荷していくんですよ。

大人の社会科見学ということで、こんな説明を簡単に行い

ました。

Dscf1507

高炉のたもとでお花見してる人もいましたよ。

Dscf1510

で、みなさんの「説明はいいから、はよ昼飯食わせんかいっ!」

というプレッシャーを敏感に感じとり、桜の高炉を後にします。

Dscf1512

黒崎駅の裏を通り抜け

Dscf1516

本城を抜けて

Dscf1519

学研ひびきのまで来ると、昼食会場はすぐそこ!

(写真は、追ってくる腹ペコの龍から食べられない様に懸命に

逃げてる銭助の図)

で、お待ちかねの昼食会場に到着しましたよ。

さて、今日のお昼ご飯のメニューは何いったいだったでしょう?

 ① ラーメン

 ② うどん

 ③ カレー

 ④ それ以外

という訳で、正解は続きの その③ で!

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。




にほんブログ村

« 北九州ポタ 大人の社会科見学 その① | トップページ | 北九州ポタ 大人の社会科見学 その③ »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

KANEさん、おはようございます。
僕は日ごろ、意外と知らない道も「行ってみよう!」と思う派です。
結構発見があったりして楽しかったり、迷路にはまったり・・・。
でも、楽しいですよ。

IKKOさん、おはようございます。
今回は「社会科見学」というテーマを入れたのでちょっと
レクチャーしてみました。(駆け足説明だけど。)
転炉、色んなものに見えますよね!

こんばんは~
いつも通る知ってる道ですが一本入るとまったく知らない景色になりました。鉄の話もなーんとなくしか知らなかったので勉強になりましたよ^^

銭助さんのガイド楽しかったです☆
鉄への熱い想いがほとばしってましたwww

ちなみに転炉がR2-D2に見えてたのはココだけの話

PICCOLINOさん、こんばんは!
クロワッサン、美味しかったでしょ!
北九州では超有名ですよ。
今回のグルメライド、お店選びも成功だったようで
ほっとしてま~す。

こんばんは、銭助さん (^-^)

三日月屋のクロワッサン
バリバリ美味かったですよ~♪

おいらは
プレーンとメイプルを頂きましたが
あと2、3個くらい食べたかったなぁ… (*´Д`)

でも…
メインディッシュの為に
我慢しましたよ~♪wwwww

今度、ウエパー@博多に行く機会があったら
博多駅で買ってみようかな♪ (^u^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598821/63440239

この記事へのトラックバック一覧です: 北九州ポタ 大人の社会科見学 その②:

« 北九州ポタ 大人の社会科見学 その① | トップページ | 北九州ポタ 大人の社会科見学 その③ »