フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー「時計」の記事

2016年6月28日 (火)

今年も行ったぞ!BREITLING! その①

銭助です!

6/25(土)は、お世話になってる時計屋さんの招待を受けて

今年も行ってきましたぞ!

BREITLING(ブライトリング)メンバーズサロン!

というわけで、今回は銭助がその辺の時計屋の店員より詳しい

時計の話です。

毎年1回、東京、名古屋、大阪、福岡で行われるBREITLING

の一大イベントです。

九州各県はもちろん、広島や岡山からも来場者が来るという

BREITLINGの祭典です。

Dscf2491

これが入場チケットになります。

で、今日は16時からの部に行く予定。

昼過ぎに天神で娘と待ち合わせて、お昼ご飯に向かいます。

Dscf2493

よし田。博多で鯛茶漬けといえばここ!(超有名人気割烹)

Dscf2494

お昼は意外にリーズナブルに頂けます。

Dsc02323

写真撮るの忘れたので、写真は去年のブログから・・・。

だって、腹減り過ぎて、先に食べちゃったもん。

1杯目はお刺身をご飯に載せて。

2杯目以降は、お茶漬けにするもよし、1杯目同様もよし。

博多の超人気店ですぞ。

今日は4杯食べました。(まだ入ったけど、鯛がなくなった。)

ペース配分失敗!(食い気が勝り過ぎた・・・。)

娘は初めて連れてったので、たいそう気に入ったみたい。

日ごろあまり食べない嫁まで3杯食べたと言えば、如何に美味

いか解ってもらえるかな?

その後、天神を見て回りますが、もうすぐクリアランスなので

何にも買わない!(三越と岩田屋はセールが遅いけど。)

Dscf2503

大丸のパサージュ広場には、祇園山笠の飾り山が。

で、会場に15時40分に到着。

Dscf2510

毎年、アクロス福岡であります。

Dscf2512

西日本の各県から、熱狂的なBREITLINGファンが集います。

Dscf2508

会場は準備万端。開場を待ちます。

Dscf2511

時間より若干早めの開場。

Dscf2513

あの奥は、後程説明しますが、ドリンクコーナーになります。

Dscf2516

さあ、会場に入りますよ!

Dscf2518

毎回、すごいお金がかかってます。

Dscf2521

プレゼンテーションホールに

Dscf2524

展示コーナー。

Dscf2526

BREITLINGの全モデルを手に取って試着できます。

Dscf2527

娘は

Dscf2529

レディースのクロノマットを試着。

いい感じですな。

Dscf2532

娘はクロノマットで嫁はナビタイマー。

Dscf2533

娘が好きなのは、ワールドタイマー。

Dscf2535

手に取り放題、試着し放題のパラダイス。

Dscf2540

100万くらいの価格帯が人気モデルが多い。

Dscf2558

銭助が気になるのは2モデル。

Dscf2559

BREITLINGのフラッグシップ、クロノマット。

Dscf2564

ポリッシュのキラキラステンレスが存在感を主張します。

Dscf2561

今年もフルゴールドモデルを試着。

Dscf2562

価格は641万+税。重量も価格もズッシリきますね。

Dscf2618

こちらはMOP(マザーオブパール)のダイヤルモデル。

これもなかなかいいですね。

Dscf2627

お値段はこれくらい。

Dscf2620_2

娘にはちと大きい。

Dscf2624

機械はBREITLING自社製キャリバー「B-01」

まだまだ続きますが、今日はここまで。

良ければ下記バナークリックください、




にほんブログ村

2016年5月23日 (月)

ワインダー。

銭助です!

今日は時計の話題。

さて、下の写真はいったい何でしょう?

Dsc06110

これは時計用の「ワインダー」というものです。

普通の人には、全く無用なモノの類ですね。

銭助は、機械式時計のコレクターです。

時計には、電池を動力源とする「クオーツ時計」と、ゼンマイを

動力源とする「機械式時計」の2種類があります。

その機械式時計には、手でリューズを回して、ゼンマイを巻く

「手巻き式時計」と、腕に付けていれば勝手にゼンマイが巻き

上がる「自動巻き時計」があります。

手巻き時計には

Dsc06112

上の写真の様な機械が搭載されており、リューズをいっぱい迄

巻くことで、約52時間くらい動き続けます。

毎日、同じ時間にいっぱいまで巻き上げてやるのが、時計本来

の性能を発揮させるのに効果的です。

一方、自動巻きというのは

Dsc06115

上の写真の様に半円状の「ローター」という部品が入っており

腕が動く度にローターが回って、自動でゼンマイが巻きあがる

仕組みになっています。

Dsc06117

この、自動巻きの時計を、腕に着けていないときも巻き上げて

くれるのが「ワインダー」というものです。

Dsc06111

で、今まで使用してたワインダーが、ついに壊れました。

いつもお世話になってるお店で15000円位で買ったもの。

(8年持ったので、そうとう優秀なワインダーでしたね!)

で、先月の銭助の誕生日のプレゼントに、ワインダーを希望

してたので、5/22(日)に博多へ買いに行ってきました。

Dsc06118

これも、いつもお世話になってるお店で買いましたよ!

安かったですが、モノはいいそうです。

Dsc06119

通常の自動巻き時計なら、使用しない時は、止めていても全く

問題ないのですが、上の「ZENITH」の時計の様に結構複雑な

カレンダー機能を搭載しているタイプは、暫く止めてしまうと

カレンダー合せが非常にやっかいです。

(月、日、曜日、月齢の表示がある複雑なタイプ)

だから、この子だけは通常からワインダーにかけています。

Dsc06120

SETして

Dsc06121

フタをつけてスイッチを入れると、ゆっくりと動き出しました。

前のタイプより音が静かで、回転もゆっくり。

ワインダーの良し悪しは搭載の「モーター」が肝になります。

国産(日本製)のモーターを使用しているものが、当然長持ち

します。

通販で安いものを買うより、専門店で置いている機種を選んだ

方が確実ですよ。

あと、高級機械式時計を持っているけど、大切な日にしか着け

ないという人は、週に1度位は動かすようにしてあげて下さい。

数か月に1度しか動かさないようでは、時計にとって、良くあり

ません。

(機械とは本来そういうもので、車も乗らなきゃ調子が悪くなる。)

機械は「動かすことを前提に」設計されています。

正しく使用して、定期的なメンテナンスさえ受ければ、100年

以上動いてくれるのが機械式時計の良さですよ。

今日は、時計の話題でした。

良ければ下記バナークリックください。


にほんブログ村

2016年3月11日 (金)

時計のベルト交換(BAUME&MERCIER)

銭助です!

最近、時計のベルト交換のキーワードで、結構このブログを訪問

される方がいらっしゃいますので、今日はこの話題。

銭助が想像するに、訪問下さった方は「ステンのブレスから革の

ベルトに交換したいけど、ブレスがはずせない!」と、思っている

方が多いのかな?と想像します。

時計のベルト交換を行うとき「バネ棒はずし」という工具を使うの

ですが、種類があります。

Dscf1091

Dscf1093

これが「明工舎(日本)」のバネ棒はずし。

Dscf1092

Dscf1094

これが「ベルジョン社(スイス)」のバネ棒はずし。

先端の形状が一目瞭然で違います。

で、ブレスを脱着する際は「ベルジョン社製」が必要です。

ということで説明しましょう!

時計のケースとベルトやブレスを固定するのには「バネ棒」と

いう部品が使われています。

こんなの。

Dscf1095

Dscf1096

Dscf1097

(こんな物ストックしてるローディーはあんまりおらんやろな。)

内部にバネが入っており抑えると両端の頭が引っ込みます。

この「バネ棒」の出っ張りにバネ棒外しを引っかけて抑えると

ベルトが脱着できる仕組み。

で、ブレスの場合、明工舎製では、二股の先端がバネ棒の

出っ張りより広いうえ、先端がブレスと干渉して行き止まりに

なって奥まで入らないため、外せないんです。

で、ベルジョン社製だと、先端の形状からコツさえつかめば

外せるわけです。

さて、銭助のコレクションの中からひとつとって実践してみ

ましょう。

Dsc04669

Dsc04670

カワイイコレクションの一部です。

で、この中から一番右上のモデルでベルト交換してみます。

Dscf1085

Dscf1086

Dscf1088

Dscf1090

普段使いで活躍してくれているヘビーローテーション使用

の中から「BAUME&MERCIER(ボーム&メルシエ)」の

クラシマというモデルのクロノグラフ。

日常使いはブレス仕様。

これをクロコダイルの純正革ベルトに交換してみましょう!

Dscf1101

ベルジョン社のバネ棒外しを、この隙間にいれて、バネ棒

の出っ張りを抑えて下げると、ブレスが外れます。

Dscf1098

ちょっとコツが要りますが・・・。

Dscf1099

外すとこんな感じ

Dscf1100

時計とブレスレットと抜き取ったバネ棒。

Dscf1102

今度は革ベルトを取り付けます。

革ベルトの取り付けは、先ほどと逆に、名工舎のバネ棒はずし

が使いやすいですよ。

Dscf1103

先端が尖っていて、程よくRがつけられてます。

Dscf1104

これでバネ棒を押さえて押し込めば

Dscf1105

取り付け完了。

同じ時計でも

Dscf1090_2

ブレスレット仕様と

Dscf1109

革ベルトでは、随分変わるでしょ!

季節やファッションで使い分けるといいですよ。

今日は時計の話題でした。

よければ下記バナークリックください。





にほんブログ村

2016年2月14日 (日)

ラルフローレンの時計の世界観

銭助です。

2/13、14は天気予報からしてライドの予定はありません。

13(土)は行きつけの時計屋さんより「ラルフローレンの世界観

をプレゼンテーションするトークショーがあるので是非どうぞ!」

とお誘いを受けたので、聴きに行ってきました。

で、お昼は行きつけのカレー屋さんに。

Dsc04950_2

Dsc04949

そのあと、MAZDAに行って各種の手続きを終えたら、博多

へGO。

Dsc04953

天神地下街。

18時前に時計屋さんに到着。

Dsc04960

ラルフローレンの時計ラインナップがずらり。

Dsc04954

ウエルカムドリンクでおもてなしを受けます。

今日は嫁が体調不良で一人で車だったので、シャンパンは

飲めませんでした・・・。

Dsc04979

ラルフローレン、BIGブランドなので、今まで何度もライセンス

契約して時計を出しませんか?という誘いがあったけど全て

断って来たそうです。なぜなら、ラルフ氏自身が世界有数の

時計コレクターであり、いつか自身のブランド名で時計を出す

なら「本物」を出したいとの思いがあったからだそう。

だから「POLO」でなく、最高級ライン「RALPH LAUREN」

で出してきました。

7年前に発表された時、そのクオリティに時計の世界で衝撃が

起きたのが記憶に新しいです。

服でも「RALPH LAUREN」のラインのブティックは、表参道

くらいしか見たことありませんよね。

で、時計の紹介。

Dsc04994

これは867というモデル。

Dsc04995_2

867はRALPH LAURENの本店の地名から来てるそう。

Dsc04964

試着してみる。細かく掘られたギョーシェ彫りが様々な表情を

見せてくれます。

お日様のもとで見たら、色んな表情を見せてくれるでしょうね。

Dsc04997

ドレスウオッチも素晴らしい。

Dsc04996

これらのギョーシェ、100年以上前の機械を使って手掘りで

彫られた「ホンモノ」です。

今、これを手掘りでやるのは「BREGUET(ブレゲ)」などの

雲上ブランドの一角だけですから驚きです。

Dsc04985

この薄さ。中の機械は「PIAGE」の機械が使われています。

腕にピタっとくる装着感でしたよ。

各モデルに使われている機械も、「PIAGE(ピアジェ)」や

「JAEGER-LE-COULTRE(ジャガールクルト)」そして

「IWC(アイ・ダブリュー・シー)」といった超一流マニュファク

チュールのものばかり。

Dsc04957

インド紫檀をベゼルに使ったラインも。

Dsc04992_2

500万オーバー。すごいですね。

ラルフ氏、黒の色へのこだわりが強く「僕が作りたいのは、その

黒ではない!」と何度も何度も配合を変え、納得の黒が出来る

まで、一切妥協しなかったそうです。

そんな強いこだわりが、全てのモデルに見られます。

Dsc04968

ラルフローレンと言えば、「スティラップ(乗馬の鐙)」をモチーフ

にしたモデル。

Dsc05000

これは、ジャガールクルトの機械を搭載しています。

Dsc04998

我が家にあるのも「スティラップ」のラインです。(嫁の時計)

2時間ちょっとで、楽しい時間はお開きとなりました。

去年、時計にかなり散財したので今年は買えませんけどね!

で、帰りに「赤のれん」のラーメンが食べたかったので行って

きました。博多に来たら寄ってほしい老舗の名店です。

Dsc05002

Dsc05001

ラーメン定食750円!

美味しいのにコストパフォーマンスがスゴイでしょ!

Dsc05003

メンマ。

Dsc05004

チャーシュー。

Dsc05005

このお店独特の平麺の細麺が特徴です。

Dsc05008

この色の豚骨スープはだいたい美味しい。

Dsc05006

替え玉1回目。

Dsc05007

替え玉2回目。

満足して北九州に帰りましたよ。

で、お土産に頂いたのは

Dsc05010

カタログ。

Dsc05013

ラルフ・ローレンさん、カッコいいですよね!

世界を代表するスーパーセレブですな。

で、カタログで登場するモデルさん。

Dsc05014

この渋いイケメンさん、実はラルフさんの実の息子だそう。

天って、特定の人には二物も三物も与えてるんですね。

ラルフローレンは、アメリカでは、セレブ向けの高級家具や

レストラン、そのレストランで出すお肉のための牧場経営や

BAGなどで使用するクロコダイルの養殖場に至るまで、本当

に幅広く経営する、とてつもない一大企業なんですよ!

車のコレクションも何百台もあるらしい。(桁が違う・・・)

もうひとつ頂いたのが

Dsc05009

フィレンツェの高級チョコレート。

Dsc05015

ハーブ?何か入ってますね。日本では食べたことない高貴な

味。濃いめのコーヒー淹れて食べようっと。

大好きな時計に囲まれて、とても楽しい1日でした。

良ければ下記バナークリックください。


にほんブログ村

2015年11月22日 (日)

パーティーナイト。

銭助です。

11/21(土)は夜からパーティーなので、博多へ行ってきました。

Dsc04225

天神地下街を通ります。

Dsc04228

博多の街は大好きで、しょっちゅう行ってます。

Dsc04229

お洒落で規模感もいい感じで、美味しいものが沢山あるので

東京より好き。

Dsc04230

IWATAYA、大丸、三越といったデパートが近くにあります。

嫁が髪留めを買ってる途中、暇なので銭助は今一番欲しい

「長財布」を見に行きます。

Dsc04226

有名ブランド品も見ましたが、イマイチ、ピンとこない中で

盲点だったひとつが、靴の宝石「Berluti(ベルルッティ)」

バッグや財布もあるんです。

上質なキップレザーに色づけのサービスもあるらしい。

これは良かったです。

もう一つが国産「CYPLIS(キプリス)」のリザードの長財布。

使ってる人を見たことがない!わかる人にしかわからない!

この2つはすごく良かった。

まあ、ボーナス出てからゆっくり考えよう・・・。

で、夕方からパーティー会場の時計屋さんに移動。

Dsc04241

約1時間、2人の著名人の方から、「PANERAI(パネライ)」

というブランドとそれを育んだフィレンツェの文化についての

プレゼンテーションがありました。

もう興味深々・・・。あっという間の1時間でした。

で、その後パーティーのスタートです。

Dsc04242

次々に運ばれてくるフィンガーフードの数々。

Dsc04243

どれもが絶品です。

Dsc04244

スパークリングワインが進む進む・・・。

Dsc04245

お寿司もオシャレ。

Dsc04251

談笑しながら楽しいパーティー。

時計談義に花が咲きます。

Dsc04248

PANERAIの旗がオシャレ。

Dsc04250

このリゾットがまた最高。

Dsc04255

幸せな時間ですな・・・。

Dsc04252

当然、販売も行われます。

あちこちで商談が行われてます。

Dsc04258

嫁も楽しんでます。

Dsc04257

Dsc04262

一際目を引いたのが、フィレンツェの本店で限定販売された

モデル。チョ~カッコイイ非売品です。

Dsc04260

デザートのブリュレにティラミスも絶品でした。

このあと、夢のひとときもお開きになりました。

帰路につきますが、街はクリスマス一色。

Dsc04222

Dsc04231

いたるところにツリーが。

Dsc04234

天神のクリスマスの名所「警固(けご)公園」

Dsc04235

毎年光でいっぱいになります。

Dsc04237

Dsc04239

で、帰る前には、いつもの〆のラーメン。

Dsc04265

Dsc04266

さっき食べて飲んでも。替え玉は2回。

長浜地区はラーメン屋さんがいっぱい。

Dsc04267

屋台が有名「ナンバーワン」

Dsc04269

こちらも老舗「長浜将軍」

ここは辛子高菜が絶品ですよ!

Dsc04270

通りは博多名物「屋台」がずらり。

注意点は、なんでもそうですが、「どこに入ってもウマイ」という

訳ではありません。博多に来る皆さんは、必ず事前に調べて

来てくださいね。美味しい屋台はホントに美味しいです。

でも、そうでないところも当然あります。

美味しい屋台は並んでますが、入る価値はありますよ。

で、帰り着いて、パーティーのお土産を開けてみます。

Dsc04271

PANERAIのカタログ。

Dsc04272

こんなに分厚く、見ごたえ十分。

Dsc04273

時計マニアの銭助には最高ですな。

Dsc04274

もう一つが、「ガトーピレネー」というバームクーヘン?

Dsc04275

すご~く美味しい!東京で行列で買ったのより、こちらの方が

上だな!

素晴らしいパーティーにご招待いただき、至福の時を過ごせた

最高の1日でした。

良ければ下記バナークリックください。





にほんブログ村

2015年11月19日 (木)

招待状。

銭助です。

さて、今日は時計の話題。

お世話になってる時計店から「PANERAIのイベントがあるので

是非きてください。」と言われてたのですが、先日招待状が届き

ました。

Dsc04215

BLEITLING(ブライトリング)以来のパーティーです。

11/21(土)に開催です。

ドレスコードは「スマートカジュアル。」

何着ていくか考えるだけで楽しみです。

(オシャレのし甲斐がありますな・・・。)

で、銭助のPANERAIは・・・

Dsc04217

レアモデル「ルミノールベース・ロゴ」というモデル。

Dsc04219

秒針すらついていない、PANERAIの中で一番シンプル

ですが、一番好きなモデルです。

Dsc04220

で、PANERAIとはこんなブランドです。

Dsc04221

今月は自転車以外で予定だらけ・・・。

後日、パーティーの記事もUPしますよ。

自転車記事がほとんど書けませんが、これからもお付き合い

ください。

良ければ下記バナークリック願います。


にほんブログ村

2015年7月20日 (月)

時計を買いました。

銭助です!

タイトルにあるとおり、時計を買いました。

6/21にZENITH(ゼニス)を受け取りに行った時に試着して

それ以来、気になって仕方がなかった時計があります。

前回時計を買ったのが5年前・・・。

コレクターの心のブレーキをそろそろ外してもいい頃かな・・・。

暴走モードスイッチオン!

6/27のBREITLING(ブライトリング)のパーティーでも試着

してみたり、写真撮ったり・・・。

実は腕時計も服と同じで、「似合う」「似合わない」があります。

腕に載せたときの肌の色との相性、姿見で全身を見たときの

バランス・・・。無駄に背伸びしても時計の貫録に人間が負ける

こともよくあります。(時計の方から「オマエにはまだ早い!」と

言われることがあるんですよ!ホントです。)

で、腕に載せてみました。

Dscn0765

なんか、腕の上がえらいことになったので1本だけで観察。

(ちなみに隣のIWCが5年前に買った時計です。)

Dscn0767

実は銭助、角型の時計を1本も持っていないんです。

でも、角型の時計のモデルって意外に少ないんですよ。

候補として挙がるのが「JAEGER-LE-COULTRE」

(ジャガー・ルクルト)の定番中の定番モデル「レベルソ」

しかし、そのレベルソは嫁が持っています。

で、もう一つの候補が「GIRARD-PERREGAUX」

(ジラール・ペルゴ)のVINTAGE1945というモデル。

1945年の発表からほとんど変わっていない、看板モデル。

70年経っても古さを微塵も感じさせない完成されたデザイン。

写真がそれです。

Dscn0777

さすがに1791年創業のリアルマニュファクチュール。

224年も続く名門ブランドの歴史は伊達ではありません。

これが思いのほか、しっくり来るんです。

いい時計との付き合いの始まりは、必ず「出逢い。」です。

時計から「私を身に着けて!」と言わんばかりに、時計が

持ち主を選んでくれるような時があります。

(いくら気に入っても、似合わないモデルも沢山ありますから)

そんな時は、全て衝動買いでした。(それくらいの勢いがない

と時計なんて買えませんしね。ウダウダ考えても仕方ない。)

で、めでたくおうちに連れて帰ることになりました。

Dsc02065

いつも思いますが、どのブランドも箱がすごいっ!

Dsc02066

箱を開けた時のデザインまで完璧に計算されてるし・・・。

Dsc02113

Dsc02067

文字盤の色味がまた絶妙・・・。

Dsc02068

Dsc02080

マニュファクチュールならではの自社製の機械。

Dsc02075

Dsc02079

腕に収まりやすい計算しつくされたカーブ・・・。

Dsc02078

眺めているだけで幸せです。(時計ヲタクですから・・・。)

金時計は初めてだぞ・・・。銭助もそんな歳になったなあ。

これで、向こう数年は新しいロードバイクは買えないことが

決定しました。

(こんなの買ってりゃ当然だ。傍から見たらただのアホだ。)

でも、骨董などと違って、高額出しても「ニセモノ」の心配は

ありませんから。(そーいう問題じゃないと言われそう・・・。)

「ピナ助、まだまだ一緒に走るよ!」

数年は土中の蝉のように、散財は自粛します。

(つーか、出来る訳ないし・・・。実はもうひとつ高額商品を

買っちゃいましたから・・・。当面お小遣いが高校生並みだ。)

良ければバナークリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2015年6月28日 (日)

サロンにパーティー♪♪

銭助です!

6/27(土)の天気予報は午前中には雨は上がって午後から

晴れ!となっています。

今日は待ちに待ったお楽しみの日です。

ブライトリングのメンバーズサロンにパーティーの日!

何を着ていくか考えましたがコンセプトからコテコテのオシャレ

はしなくていいので、カジュアルだけどそれなりに上品な装い

になるように考え、CANALIのデニムとポロシャツにしました。

時計は銭助コレクション自慢のひとつ、IWCのポルトギーゼ

のクロノグラフを着けていきます。(いつみてもカッコイイ!)

Dscn0779

しかし、博多についても一向に雨は止まず・・・。

Dscn0642

革靴(革底)を履いてきたのが失敗!(仕方ないか・・・。)

雨シミが出来たので、今度丸洗いと手入れが必要だな・・・。

ブライトリングのメンバーズサロン。全国でこんな大がかりな

イベントを行うのはブライトリングのみです。毎年感心します。

会場のアクロス福岡へ到着。

Dscn0643

今日は九州各県はもとより、広島あたりからもブライトリング

ファンがやってきているそうです。

まず受付を済ませます。

Dscn0646

ゲートでストラップを受け取ります。

Dscn0648

で、この先が会場!

Dscn0651

一歩足を踏み入れると、ブライトリング一色の世界!

Dscn0735

Dscn0656

Dscn0655

Dscn0658

すごい世界!時計好きには、まさしく「パラダイス!」です。

プレゼンテーションスペース

Dscn0722

Dscn0723

そして、全モデルを手に取ってみることが出来るコーナー。

Dscn0663

Dscn0664

Dscn0703

女性用も充実しており、女性ファンも多いのがブライトリング

の特徴・・・。なので、会場にはブライトリングを着けた女性が

沢山来てました。

Dscn0707

Dscn0708

銭助も沢山手に取って試着してみました。

Dscn0667

ナビタイマーのラインナップ。

Dscn0693

Dscn0695

Dscn0697

自社ムーブメントB-01搭載は100諭吉前後のお値段。

Dscn0698

ケースがGOLD(18K)になると130諭吉以上はします。

なぜだか娘が、やたら気に入ってたワールドタイマー。

一目で世界中の時間が確認できるモデルです。

Dscn0705

Dscn0706

高級車ベントレーとコラボしたラインナップ。

Dscn0709_2

でかいっ!49㎜あるそうです!

Dscn0711

Dscn0713

裏はホイールに見立てたローターの見える機械。

Dscn0715

そして、フラッグシップモデル、クロノマットのラインナップ。

Dscn0721_2

やっぱりブライトリングといえば、このモデルですね!

で、今日試着した中で一番高価だったのがこれ。

クロノマットのフルゴールドのモデル。

Dscn0718

Dscn0719

Dscn0720

ブレスまでGOLDなので、重量感がハンパないです!

596諭吉の値札がついてました。(まあ、当然でしょう。)

こんなのも気軽に試着できるのが、このメンバーズサロンの

すごいところです!

しかしこのイベント、これだけ大掛かりなセットを組み、たった

2日程で撤収なんて「もったいない!」と思いますが、それも

ブライトリングのすごいところ。

Dscn0659

Dscn0660_2

Dscn0716

Dscn0729

2時間のイベントが「あっ!」という間に終了でした。

やっぱりパラダイスだ~っ!!(楽しすぎる!)

で、少し天神をぶらぶらしてから、お世話になってる時計屋

さんに移動します。ようやく雨があがってくれました。

Dscn0738

今度はブライトリングのパーティーです。

Dscn0740

Dscn0739

フリードリンクで、ビール、カクテル、ワインにソフトドリンク

などがいただけます。

Dscn0759

フィンガーフードを頂きながら時計を鑑賞できます。

Dscn0748

ここでも娘が「ワールドタイマーがカッコイイ~!」を連発!

Dscn0757

「働き出したら、し~っかりお金を貯めて買いなさい!」と

言っておきました。

Dscn0752

Dscn0751

グラス片手に技術者の方のレクチャーを聞いたり、時計を見

たり、至福の時間です。

Dscn0754

Dscn0750

店内もブライトリングの世界で、多くの方が商談中。

Dscn0741

華やかでオシャレな夜の大人の時間でした。

Dscn0764

このあと、娘を送って帰り、夢のような1日が終わりました。

お店の皆さん、ご招待いただき、ありがとうございました。

良ければ下記バナークリックください。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



















2015年6月21日 (日)

ZENITH(ゼニス)復帰。

銭助です!

6/20(土)は博多へ行きました。

銭助は、筋金入りの「時計マニア」を自負しております。

そんな銭助のコレクションのフラッグシップにあたる時計が

「ZENITH CHRONOMASTER T」という時計。

Dsc01868

12月にオーバーホールに出して、2月に帰って来たのですが

クロノグラフを作動させて20分くらい経った時に、時計が完全

にストップする不具合が発生。

Dsc01866

4月に再度ドック入りしていましたが、先日修理完了したので

今日引き取りに行くためです。

天神で娘と待ち合わせ。

お昼ご飯は、中洲の「鯛茶や」で鯛茶漬けです。

Dsc01857

ご飯おかわり自由で漬物も食べ放題!銭助向きのお店です。

づけ増量にしました。最初の1杯はそのままごはんにのせて。

2杯目から専用のだし汁をかけてお茶漬けにして頂きます。

Dsc01859

ごはん3杯たべちゃった・・・。美味しかった!!

鯛茶漬けは天神の「よし田」が有名ですが、今日はこちらに

行ってみました。美味しかったですよ。おなか一杯たべられ

るのが、大食い銭助のお気に入りです。

さて、時計屋さんに「ZENITH(ゼニス)」を引き取りに向かい

ます。中洲から天神へ向かい・・・

Dsc01860

今度は西通りを通っていきます。(相変わらず人が多い!)

Dsc01861

で、時計屋さんへ・・・。

ZENITHの不具合は「30分積算計が文字盤と接触する箇所

があった。」とのこと。針の取り付け時の不具合のようでした。

これで安心。また5年後にオーバーホールですね。

さて、先日買った雑誌2冊。

Dsc01879

銭助が前回時計を買ってから、もうすぐ5年・・・。そろそろ次

が欲しくなるのがコレクターの性・・・。でも、維持費を考えると

あと1~2本が限度かな・・・?

で、最近欲しい欲しい病が再発してます。

一番ほしいものがこれ。

Dsc01880

Dsc01881

「A LANGE & SOHNE(ランゲ&ゾーネ)」という

雲上ブランドのサクソニアというモデル。

最後の1本にするならこれかな!ちょっと高いけど・・・。

でも、2番手以降も色々欲しいものが色々・・・。

IWC(インターナショナルウオッチカンパニー)ビッグパイロット

007uiwau00061

GIRARD PERREGAUX(ジラールペルゴ)ヴィンテージ

Dsc01882

などなど・・・。

で、お店でビッグパイロットとヴィンテージを手にとり眺め

たり、試着したり・・・。

物欲と煩悩で脳みそがウニになりそうでした。

が、今、時計がここ10年で一番値上がりしているときなので

買い時ではありません。

銭助が5年前に買ったものも、たった5年で16諭吉も値上り

してますから・・・。モノは同じなのにね・・・。

で、色々お話ししてたら、「銭助さん、来週BREITLING(ブラ

イトリング)のメンバーズサロンがあって、そのあと夜にお店

でパーティーするからぜひ来てください。」とご招待を受けま

した。チョ~嬉しい!!久々のパーティーだぞ!!!

メンバーズサロンの招待状をもらいました。

Dsc01883_2

Dsc01884

メンバーズサロンが14時からで、パーティーは17時半から。

銭助はブライトリングの時計を持っていませんが、メンバーズ

サロンは過去3度連れて行ってもらったので今回4度目です。

雰囲気はこんな感じ。

B1

B2

B3

B6

B4

B5

来週が待ち遠しいなあ・・・。パーティーもあるし、何着ていこう

かなあ・・・。

そんな中、奥さんが出してきた、最近取扱い始めたばかりと

いう、ファッションブランドの時計を嫁が気に入ってしまいまし

た。他にない独特な作りで、オシャレを1段格上にしてくれる

いいものだったので、買っていいよ!と言ってお買い上げ!

誰もが知っているこのブランドの時計です。

Dsc01871

ラルフ ローレン

Dsc01870

革張りの箱がカッコイイ!

Dsc01872

Dsc01873

で、こんな時計です!(ブレスがすごくオシャレ!)

Dsc01875

Dsc01876

このモデルはクオーツですが、デザイン、造りはさすがと

思います。

このあと、デパートで娘の服、嫁の服を爆買い・・・。

ちなみに娘、「BULUE LABEL」だの「ラルフローレン」だの

ブランド物ばっかり買います。親のお金だと湯水のように・・・。

「お前の友達はしまむらやユニクロだろ!女子大生なんだか

ら、それでいいやろ!」と言っても「いいやん!」でおわり。

自分のお金なら「イオンやユニクロ、親のお金ならブランド物」

の方程式が出来ているみたい・・・。

「おい、娘、このブログ見たら、ぽちっと1票入れとけよ!」

それでチャラにしておきましょう。

銭助は・・・、ポロシャツ1枚買ってもらいました。

白のシンプルなポロシャツが、くたびれてきたので、新しい

のが欲しかったんです。で、こんな感じです。

Dsc01886

Dsc01887

シンプルでいいでしょっ!

で、帰りは長浜ラーメンたべました。

Dsc01864

娘を太宰府の寮まで送って帰りました。よく遊んだ1日です。

楽しかった。

良ければ下記バナークリックください。






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

2015年5月25日 (月)

時計のベルト交換(ジャガー・ルクルト)

銭助です。

今日は風邪で会社をお休みしております。

昨晩39度4分まで熱が上がり完全にグロッキー状態です。

今は37度6分ですが、午後からまた上がるでしょう。

呼吸器が完全にやられているのが、ちょっと気がかりです。

ツールドしものせき、間に合うかな???

今日も1日ベッドの上でおとなしく「安静・・・」

退屈なので、嫁の時計のベルト交換を行いました。

JAEGER・LE・COULTRE(ジャガールクルト)のレベルソ

というモデル。

Dscn0583

Dscn0584

Dscn0590

メタルブレスから革ベルトへ付け替えを頼まれました。

メタルブレスを外します。

Dscn0591

そのあと、赤い革ベルトへ付け替えました。

Dsc01579

この時計、ジャガールクルトの定番モデルでケースが反転

するんです。

Dsc01581

Dsc01582

Dsc01584

これは、昔「ポロ」や「クリケット」を楽しむ上流貴族や将校

たちから、「競技中にガラスが破損しない時計が欲しい。」と

要望されて開発されたものです。

両面が時計になっているモデルもあります。

時計ブランドは星の数程あれど、全てのモデルを自社製造

(設計、パーツ、機械他すべて)できるブランドは、世界でも

10社程度しか存在しません。

それらは「リアルマニュファクチュール」と呼ばれ時計ブランド

中でも別格の存在です。

中でもこのジャガールクルトは、その技術力からスイスが誇る

「リアルマニュファクチュールの雄」として有名です。

時計はベルトを変えるだけで「ガラッ!」と印象が変わります。

藤色のベルトにすると、また違った印象になります。

Dsc01586

汗ばむ夏には、メタルブレスに戻しますが、当面革ベルトで

ファッションの「差し色」として楽しめますね。

さて、病院の予約時間まで、まだまだ時間があります。

自転車に、ベルと、しものせきのゼッケンを取り付けました。

しものせきは受付時に車検があり、前後ライトとベルが必要。

それがないと出走させてもらえません。

さて、今週末、楽しみな「ツールドしものせき」なのに、39度

なんて熱出して、何やってんだ?俺・・・・。

頑張って早く治さなきゃ・・・。間に合うのかな…?

良ければ下記バナークリックください。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村