フォト
無料ブログはココログ
2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

カテゴリー「サイクルイベント」の記事

2016年6月 1日 (水)

ツールドしものせき2016 その③

銭助です!

さて、その②から続きます。

さて、豊北の第2エイドを出発するとき、通過チェックを受けます。

ゼッケンナンバーでチェックを受けたら、ここからセンチュリーと

ロングのコースで進路が分かれます。

ここからロング110㎞は、山間部に入って行きます。

(センチュリーは角島大橋経由で海沿いを長門へ)

Dscf2120

まだ、雨は持ってくれていましたが・・・

Dscf2123

60km過ぎくらいから霧雨になってきます。

ウエットになったうえ、路面のよくない山道も多く、ペースは上げ

られません。

あまり喉が乾かないので、水分と塩分補給をおろそかにしてた

為か太ももに違和感も・・・。(攣りそうな兆候が出始めました。)

なんとかごまかしながら、約70kmの第3エイド「みのりの丘」に

到着です。

Dscf2126

晴れてると、すごくキレイなんだけどな・・・。(残念)

ここのエイドは

Dscf2128

お蕎麦。(冷たい蕎麦でした。雨なので暖かい方がよかった。)

Dscf2130

ツールドしものせき名物「角煮まん」

これはウマイですぞ。出来立てアツアツをいただけます。

そして、

Dscf2132

ジビエウインナー。(これも焼き立てアツアツ)

Dscf2133

左がシカで右がイノシシ。

どちらも味が濃厚でウマイ!

Dscf2134

寒いけど、アイスも頂きます。(去年食べ損ねたからね。)

Dscf2135

ここで、遅くなったけど「塩」投入。

Dscf2131

まだ自転車の数も少な目ですね。

(エイドでゆっくりしてるとはいえ、スタートがポールポジション

だったからね。)

一通り食べたら、トイレにいって出発。

Dscf2136

山道をアップダウンを繰り返しながら進みますが、山間部は

ち~と寒みいぞ!おまけに右太ももの付け根がついに攣った!

しばらくペースダウンしてクルクルごまかし走行で乗り切る。

20分程度で、攣った太ももは回復。(塩が効いてきたかな?)

替り映えのしない山間部だったので、写真が少ない。

Dscf2140

約20km走ると菊川の最終エイド。

Dscf2142

ここでも通過チェックを受けてから、エイドに入ります。

Dscf2144

そうめんと・・・

Dscf2145

おにぎり。

Dscf2146

そしてコーラをいただきました。

Dscf2147

先頭が出発準備を待ってます。(どうしようかな?)

トップグループスタートも出来ますが、もう少しエイドでまったり。

また、そうめんとおにぎりをいただいてから出発します。

このあとから、ツールドしものせきで、最もイヤな区間の始まり。

Dscf2148

視覚的には平坦に見えるけど、地味に上っててキツく精神的に

イヤな道が6~7km続きます。

その区間で完全に本降りになってきました。

その後、ちょっと下ったら最後のキツい峠。

その少し前あたりからドシャ降り状態に。

バケツの水をかぶってるような感覚。

Dscf2149

深坂の峠はウエットなので安全にゆっくり下ります。

(とにかく安全にゴールすることが第一。)

Dscf2152

下り切って大通りに出たら歩道を徐行すると、すぐに会場。

Dscf2153

信号を渡ったらゴールです。

Dscf2157

今日も事故なく無事にゴールしましたよ。

(多分13時~13時5分の間くらいのゴールだったと思う。)

ゴールするとすぐに完走証と完走記念バッジ、抽選権、ふく鍋券

がもらえます。

Dsc06186

が・・・大雨状態。バッジと抽選権、ふく鍋券はジャージのバック

ポケットに突っこんで、すぐに車へ着替えに行きます。

(早く着替えないと、このままじゃ風邪ひきそう・・・。)

で、着替えて、ジャージからさっきの券をだしてみると・・・

Dscf2164

ああっ!抽選券がボロボロやんっ!

あれ、ふく鍋券がないぞ・・・。

脱いだジャージのポケットを覗きこんで探すと・・・

Dscf2163

「あ”~~~!大事なふく鍋券が~!!!」ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

着替えたらボロボロになった抽選券とふく鍋券をポケットに入れ

て会場に行きます。

Dscf2177

走り終わって、もはや緊張感のカケラもないオヤジ・・・。

もはや単なる傍観者にしか見えんな・・・。

ふく鍋券でふく鍋をもらいにいきますが・・・

Dscf2165

「あ”~~~!券がこんなになっちゃったよ!」(ど~しよ~・・・。)

(出すの恥ずかしい・・・。でもふく鍋食べたい・・・。)

で、「券ありますか~?」と聞かれたので、「あの~、こんな姿

になっちゃったんですけど・・・。」と出すと、テントじゅうのスタッフ

さん全員から大爆笑されました。

「これは今日1番のヒットだわ!」なんて言われる始末。

Dscf2166

でも、ちゃんといただけましたよ!

暖かくておいしかった!

Dscf2167

そうめんももらいました。

Dscf2168

で、福引は・・・

Dsc06187

一の俣温泉のペア温泉入浴券でした。

(嫁とドライブに行って川棚で瓦そば食べて、温泉入って帰ろう。)

イベント会場の方に行ってみる・・・。

Dscf2176

出店でやきそばなども売ってます。

Dscf2171

おもしろ自転車の試乗は子供たちでいっぱい。

Dscf2172

こちらのブースでは

Dscf2174

ルイガノの試乗があってましたよ。

となりには

Dscf2175

こんな二人乗りもありました。

(前の人のおしりからガスが噴射された時、後ろの人の顔の

位置関係はどうなんだ?ってことばかりが気になったぞ・・・。

全く持って、いらん世話やな。)

で、今回のツールドしものせきの走行記録。

 走行距離  108.66km

 走行時間  3時間54分20秒

 平均速度  27.6km/h

なんともフツーの結果ですよね・・・。なんかビミョ~。

ドライだったら予定通り28km/hは行けのたでしょうけど。

まあ、今月270㎞しか乗れてなかったし、今日のコンディション

なら51歳こんなもんかな。(国東DNSで計画狂ったからね。)

3時からコーラの乾杯があるのですが、雨だったので待たずに

帰りました。

さて、今年のツールドしものせき。

60㎞は濡れずにすんだので多少は晴れ男の神通力も効いた様

ですし、後半は降られたけど十分に楽しめました。

近いので帰りも楽だし、来年も頑張ってクリック合戦を勝ち抜いて

出場できればいいなと思います。

これでツールドしものせき2016のレポート完結です。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。






にほんブログ村

2016年5月31日 (火)

ツールドしものせき2016 その②

銭助です!

その①からの続きです。

開会式を終えて、センチュリーとロングの参加者はスタンバイ。

Dscf2087

でも、センチュリーが8時スタートで、ロングは8時半スタート。

この待ち時間に雨が結構降ってきて、待ってると寒みい~っ!

下関では6人ずつ15秒おきにスタートします。

センチュリーのスタートが完了したようで、ロングも待機位置へ

移動しますが・・・冷えたら、おじちゃんはトイレが近い・・・。

「あ”~オシッコいきたくなった!」

で、スタッフさんに「あの~、トイレに行く時間ありますか?」

と聞くと、「まだ大丈夫ですよ!」とのことで走ってトイレに。

Dscf2089

みんな整列してるのに、ピナ助だけ横にしてトイレに一目散!

小学校低学年の「先生、オシッコ!」と同レベルですな・・・。

恥ずかしいけど、これで一安心!

Dscf2090

5分前にスターティンググリッドに移動。

Dscf2091

カウントダウンで、最前列からのスタートです。

銭助が前の方からスタートしたい理由は、R191に出るのを

すんなり行きたいから。後ろの方だと、結構渋滞するらしい。

さっきまでの雨も、スタート時には、もう止んでました。

カッパを着たので、スタート後はカメラが取り出せず、写真が

ありません。

(最悪エイドだけの報告記事になるかな?って思ってました。)

スタートしてからR191に出るまでのしばらくの間、細い農道

を、くねくね曲がりながら走るので、どこをどう走ってるのかが

全く解りません。

最初から、ガチのローディーさんと、リカンベントの人がかなり

のペースで飛ばしていきますが、銭助はマイペース。

3番手で普通通りの速度で流します。

後ろの人も、安全に距離をとってくれてます。

R191に出た後、しばらくすると田舎道へ。

吉母(よしも)のあたりでは、路面も完全にドライ。

今日は晴れ男銭助のスイッチが入ってるので、このままゴール

まで降らないかも?なんて、淡い期待をしながら走ります。

が、15㎞あたりになると、カッパを着てたら暑すぎる・・・。

体温が上がり過ぎて、なんだか気分が悪くなってきたぞ・・・。

(銭助は体温が上がり過ぎると独特の吐き気がしてきます。)

エイドが20㎞手前辺りなので、そこまでもう少しの辛抱。

空冷させるため、カッパの前ファスナー全開にして走りました。

(ヒラヒラはためくので空気抵抗高いけど。)

これで涼しくなったうえ、カメラが取り出せる様になりました。

(空冷されて体温が下がって、吐き気もおさまる。)

Dscf2092

もう、曇りで路面も完全にドライなのが解るかな?

Dscf2093

無事に、第1エイドの室津ヨットハーバーに到着!

センチュリーの人も、まだ結構エイドに残ってましたよ。

すぐにヘルメットのシャワーキャップを外し、カッパを脱ぎます。

脱いだカッパは丸めてサドルバッグに無理やり詰めこみます。

ここのエイドは、ドリンクにバナナ、そして

Dscf2095

川棚饅頭。今年からなんと・・

Dscf2094

「ツールドしものせき」のロゴ入り!

Dscf2097

ロングコースでも先を急ぐ人は、さっさと出発していきますが

銭助はエイド満喫派ですからね。

(記事ネタに興味はあっても、順位に興味がない。)

ゆっくり食べて、必ずトイレも行ってから出発します。

Dscf2100

さて、出発。ちょっと走ると、

Dscf2102

再びR191に出ます。

銭助の好きな、「川棚クスの森」の標識がある。

7月に角島ライドでもして、また寄ろうかな。

Dscf2103

ここからは海岸線をしばらく走るので景色がいいんです。

Dscf2104

気分がいいので第2エイドまで、「かっ飛び区間」にすることに。

結構アップダウンもありますが、ぐいぐい踏んでかっ飛ばします。

前方に見える人は全部追い抜く!

(この区間だけ気持ちよく走ったら、あとはどうでもいい。)

Dscf2106

去年に比べると、車も少ない。(天気のせいかな?)

だから安全に快適に走れます。

Dscf2107

小刻みなアップダウンをいくつもこなして

Dscf2109

漁村を抜けてしばらくすると、土井ヶ浜の豊北第2エイド。

ここで、かっ飛び区間終了。

(もうあとは山間部なのでどうでもいい。)

こういうのをIKKOさんとやりたかった・・・。残念!

でも、一人でも楽しかったけどね!

Dscf2111

ここのエイドでは、サザエ飯のおにぎり。

Dscf2118

これが去年食べて、一番楽しみにしてたエイド食。

ほんのりと磯の風味がして、おいしいんですよ!

Dscf2112

アミノバイタル(赤)

Dscf2114

青のり羊羹。

Dscf2116

二見饅頭。

Dscf2113

バナナにドリンク。

一通り全部食べます。

この後もそうですが、下関ではエイドが充実してます。

どのエイドが昼食ポイントという位置づけはありませんけど

どのエイドもすごく満足できる内容です。

「グランツールせとうち」のありえないショボさとは大違い!

これぞ一流サイクルイベントの醍醐味ですね!

まだまだ雨も降っていない。このまま持ってくれるといいな。

というわけで、続きは次回へ。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。


にほんブログ村

2016年5月30日 (月)

ツールドしものせき2016 その①

銭助です!

昨日、5/29(日)は、ツールドしものせきでした。

銭助は、サラリーマンの特権「有給休暇」で本日お休み中です。

このあと、洗濯機3回回してから自転車洗車しよう・・・。

というわけで、ツールドしものせき2016レポートします。

ちょっと写真少な目でショボ目のレポートになりますが、お付き

合いください。

さて、前日の天気予報では、16時くらいから雨となってたので

「晴れ男完勝じゃん!」って思ってたのに、当日朝2時半に起床

して、ネットで天気予報チェックすると・・・

Dsc06158

「ガ~ン!最悪方向に、大どんでん返~し!」になっとる。(;д;)

ちょっと疲れがたまってたので、神通力落ちたかな???

今回は雨でも出走する予定なので、とりあえず朝4時に出発。

家を出るときは雨の気配はなし。門司までは降ってません。

が、関門橋あたりでは、もう雨がしっかり降ってるし・・・。最悪!

で、会場に着くと、路面がウエットにならない程度の霧雨状態。

Dsc06159

家から45分で会場に到着です。(近いので助かる。)

Dsc06160

5時を過ぎると、すぐに空が明るくなってきましたよ。

Dsc06161

5時過ぎくらいの状態。まだ人はあまりいない・・・。

霧雨が降ったり止んだりで写真の通り路面はまだドライ。

Dsc06164

とりあえず自転車組み立てて、空気入れたら並べに行く。

Dsc06163

ロングコース110㎞のポールポジション獲得。

(ってそんなに頑張る気はないんだけどね。AVG28㎞/H位で

走れりゃ上等。でも今月270㎞しか乗ってないから後半タレて

それもキビシイかな???)

Dsc06162

この時点で5時15分。

Dsc06166

会場準備も、まだ進行中の状態。

Dsc06167

こちらが大会本部の置かれる武道館。

Dsc06171

中では実走スタッフの皆さんのブリーフィングが行われてます。

Dsc06172

6時から当日受付開始。(銭助は前日受付済)

車検待ちの長~い行列が球場の方まで出来てました。

状況みりゃわかるはずなんだけど、並ばずにいきなりしれ~っと

列の反対から来て割り込みしてるオッサンがいたぞ。

どこにでもいるんだよな~。こんなヤツ。

自転車乗りとして恥ずかしいよ。まったく・・・。

Dsc06173

SHINAMOのサポートカーが到着して準備を始めました。

Dsc06179

去年は「LEVORG」でしたが、今年は「LEGACY」です。

こういうの見たらテンション上がりますな!

Dsc06180

スタートゲートも出来てる。

(コンプレッサーで送風して、15分程度で膨らむそうです。)

Dsc06181

6時半くらいになると、これくらい自転車が増えてます。

当日受付終わった人たちが、どんどん並べだすからね。

このあと、会場にいるお友達を探します。

まず、本部前でゆったんさん発見!しばらくお話ししました。

ゆったんさん情報によると「みねすとろん」の開催がまだ決定

してないみたい。ぜひやってほしい大会なんだけど・・・。

ゆったんさんが別のスタッフに呼ばれたので、ここでお別れ。

今日は、実走スタッフさんで頑張ってね!気を付けて!

この少しあとから、雨がぽつぽつ降りだします。

そろそろ着替えよう・・・。雨なのでウエアは白はやめました。

雨なので「デーハーカメレオン」にゼッケン付け替えます。

着替えて会場に向かう前に、駐車場でIKKOさん発見。

声をかけると「今日は帰りま~っス!」( ̄ー ̄)ニヤリscissorsとのこと。

せっかく並べてた自転車も回収済のよう。

一緒に走りたかったので、残念だけど仕方ないですね。

IKKOさん、次回楽しみにしてるよ!

Dscf2082

会場はこんな感じ。人も自転車も沢山います。

Dscf2083

G-3(じいさん)は、ショートの45㎞。

Dscf2084

銭助はロング110㎞。

雨なのでカッパにヘルメットにはシャワーキャップ。

雨仕様完成です。

トイレにも行って、とりあえず出走準備完了です。

このあと、同じ北九州のKANEさんも合流。

KANEさんはセンチュリー160㎞に参加とのこと。

雨なので疲れた後半の山間部は特に気を付けてね!

Dscf2086

7時50分から開会式。

去年は球場の中でありましたが、今年はスタート横で。

このあと、8時からセンチュリー160㎞のスタート。

銭助たちロング110㎞は8時半スタートです。

開会式が終わったので、センチュリーとロングはスタンバイ。

G-3に「雨なのでブレーキの利きが悪いので、十分注意する

こと、特に深坂の下りは下ハンもってゆっくり下るように!」と

伝えて別れました。

さて、今回は写真が少ないので、薄く長くをモットーに記事を

書いていきますので、本日はここまで。

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。



にほんブログ村

2016年5月29日 (日)

ツールドしものせき2016 完走したよ!

銭助です!

今年の「ツールドしものせき2016」。

スタート前から雨でした。

トータルすると走りだしてからは、60km曇り、30km霧雨、残り

20kmは本降りの110kmといった感じでした。

が、エイドも満喫して十分楽しかったですよ!

Dscf2157

ウエアと自転車はドロドロになりましたけどね!

でも、楽しかったので「ヨシ」とします。

雨の中参加された皆さん、お疲れ様でした。

詳細?(雨で写真が少ないのでショボイ)は後日UPします。

よければ下記ロードバイクバナークリック願います。


にほんブログ村

2016年5月28日 (土)

ツールドしものせき2016 受付行ったぞ。

銭助です!

今日、5/28(土)は、明日のツールドしものせきの前日受付に

行ってきました。

Dsc06153

ピナ助とアンカー積み込んで出発。

Dsc06138

途中、焼肉ランチでガッツリと腹ごしらえ。

Dsc06147

会場は、もう準備が進んでましたよ。

Dsc06141

車検、受付、参加賞受取の順で手続きです。

車検では「ベル、ライト、テールランプ」の確認がされます。

ライトも点灯確認されますよ!必ずバッテリーチェック必要です。

Dsc06152

受付終了したら帰りますが、前日からイベントの雰囲気を感じ

テンション上がってきますね!o(*^▽^*)o

Dsc06154

で、今年の参加賞。

銭助のロングコースは

Dsc06155

トートバッグと思って袋から出したら、なんか違う・・・。

Dsc06156

フラップを取り付けたら、メッセンジャーバッグになりました。

通常のライド後、スポーツクラブのお風呂に行くのに使おう。

Dsc06157

あと、アミノバイタルが入ってました。

さあ、あとは明日の天気!

微妙ですが、晴れ男銭助のスイッチが入ってるので、多分

ゴールまで持つ!(と思う。)

それでは皆さん、明日元気にお会いしましょう。

そして、事故なく安全に完走しましょうね!

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。





にほんブログ村

2016年5月 5日 (木)

2年連続DNS! ツールド国東2016

銭助です!

今年絶好調だった晴れ男の神通力。ここにきて「惨敗!」でした。

という訳で、タイトル通りDNSと残念な結果になったツールド国東

でしたが、DNSは結果的にはやっぱり正解でした。

というわけで、出走レポートではありませんけど、よければお付き

合いください。

さて、5/3(火)ツールド国東当日。

天気予報は9時頃から雨マークで、午後から荒れ模様らしい。

朝、5時前に宿を出て、6時頃に第一駐車場に着きました。

Dscf1926

この時点では、曇ってはいますが、雨はまだ降ってません。

車から降りると、ちょっと肌寒い感じ。昨日と全然違う!

Dscf1927

スタート・ゴール会場の杵築市文化体育館。

空は重たいですね。昨日は快晴だったし、予報では明日は晴れ

になってるのが、チョ~ウルトラ級にムカツク!

今日の一番大事な時間帯だけがピンポイントで雨予報なんて!

Dscf1925

駐車場を散策してると、可愛いてるてる坊主さんみっけ!

みんな想いはおんなじですね。

だってこの日を楽しみに待ちわびて練習もしてきたんだから。

Dscf1928

6時半からの受付にとりあえず向かいます。

Dscf1929

受付を終えたら、時々雨粒が顔に・・・。(すぐ止んだけど・・・。)

携帯で天気予報見ても、これから悪化しても、良くなることはない

みたいなので、G-3(じいさん)にはDNSを告げました。

銭助の判断としては、しまなみ海道やTD下関は、雨で走っても

危険はそれほどありませんが国東のコースは雨で走るべきでは

ないと思ってます。(山間部が多く、落車のリスクが高くて危険度

が高すぎると個人的に判断してます。)

だから、自分だけなら出走してもいいのですがG-3を走らせる

訳には絶対にいきません。

という訳で、非常に残念ですが、DNS決定。

もう、自転車を車から降ろす気すらありません。

駐車場を回ってると、そこかしこから「写真だけ撮って帰ろうか?」

と言ってる声が聞こえてました。

去年雨中走って、散々な思いをした人はDNSが多いでしょうね。

今年も国東名物「鬼」の軽トラがいました。

Dscf1923

2年前に、G-3がこの軽トラのスタッフに「なんで鬼なの??」と

尋ねたら、鬼が必要になった由来を教えてくれたそうです。

① どさくさに紛れて、エントリーしてない輩が走ってエイドを満喫

   して楽しもうとしてたことがあった。

② 偽ゼッケンを自作し紛れていた輩がいた。これがあってから

   当日ヘルメット横に貼る大会ロゴステッカーが必要になった。

  (大会ステッカーは毎回受け取るまで何色かわからない!)

③ 途中のエイドからヘルメットを交換して他人を走らせようとした

   輩がいた。(なんの意味があるの???)

等、他にも数パターンあった様ですが、色んな不正をやってまで

エントリー代金を払わず大会を満喫しようとする人がいたらしい。

あと、危険な走行をする人を注意したり、信号無視等、厳しい目で

大会の大目付役って感じのことをやってるので、「鬼」らしいです。

(以上、2年前にG-3が仕入れてきた情報ですけど・・・)

で、走る準備が不要になった銭助。この日現地で会いたかった

3人の人を駐車場で探します。

が、誰もいないな・・・。

PICCOLINOさんは、雨なら現地にも多分行かないと言ってたの

で、どうやら来ていないみたい。(その後メール頂き来てないこと

確認しました。PICCOさん、また6月にでも会いましょう!)

今度は駐車場から会場のほうに移動してみます。

すると、すぐに見つけました。

なんだかインタビューされてるみたい。

Dscf1930

今日はNHKBS「チャリダー」の取材が来てますし・・・。

Dscf1939

で、今日会うのを楽しみにしてた探し人とは・・・。

銭助がもう3年くらいブログを愛読させてもらってて、その知名度

は全国でも屈指の超人気ブロガーさん。

「ゆるゆるポタリング~打倒・上り坂~」でおなじみの・・・

Dscf1931

「なもホース」嬢。(実は仲良しなのだ。)

(超絶美女に腕組んでもらってメロメロの骨抜きにされたの図)

「え~っ?DNS?一緒に走ろうよ~!」と言われ、間髪入れずに

「はい!喜んで!」と返事しそうになりましたが、G-3置いてく

訳にもいかず、やっぱり断腸の思いでDNS。

なもさん、来年こそは是非一緒にお願いしますね。

その後も会場をフラフラ歩きます。

Dscf1941

G-3に写真を撮ってもらう。もう単なる観客にしか見えんな。

この姿見て「実はローディー」と思った人はいないことでしょう。

Dscf1937

でも、こんなゲート見たらテンション上がるんだよな・・・。

そうこうしてたら、

Dscf1943_2

開会式が始まります。

Dscf1944

番組「チャリダー」から、うじきつよしさんも出走するとのこと。

Dscf1945

今日は、午後から天気が大荒れになるとの予報から、Aコース

は30㎞短縮の130㎞になるとのこと。

あと、希望者はBコースへの変更も受け付けるらしい。

で、もう一人の探し人は、なもさんと一緒にいるところを発見!

Dscf1949

去年のツールドしものせき以降コメントをくださる「ゆったん」さん。

Dscf1950

しものせき以降も、同じ大会に出てたりしてたのに、すれ違いで

なかなか会えずにご挨拶出来ずにいたので、よかった!

会って、ひとこといつものお礼を言いたかったのだ!

ゆったんさんとは、次回は7月にまた会えるかな?

「みねすとろん」開催が決まったら、是非エントリーしましょう!

今日はAコース、気を付けて走ってくださいね。

Dscf1951

このあと、しばらくの間、なもさんと談笑。

Dscf1952

なもさんのブログでおなじみの「DETTI」さんともお話しできま

した。すごく大きくて優しい方ですよ。

なもさんもDETTIさんもゼッケンが赤(A)から青(B)になってる。

BコースはAより上りがキツイらしいよ。頑張ってね!

このあと、去年同様に選手の皆さんのスタートを見送ります。

Dscf1955

まずは9時にAコース(160㎞→130㎞へ変更)の出発!

銭助もホントはこのAの赤ゼッケンで走りたかった。

(いつも通り2班に分けてスタートです。)

で、次は9時20分に

Dscf1963

Bコース95㎞が出発!

Dscf1964

「なもさん、いってらっしゃい!気を付けてね!」

Bコースを見送ったら会場を後にします。

Dscf1966

もう、雨がぽつぽつくらいは降ってます。

さあ、どこに行こう?別府方面は日出から高速が通行止め

(地震の影響)なので、杵築の城下町を見ることにします。

Dscf1967

スタート会場からすぐなので、Cコースの皆さんが通過中。

Dscf1968

最後尾が通るまで、しばらく気長に待ちます。

で、車を停めたら、散策開始。

Dscf1971

旧武家屋敷街に行きます。

Dscf1972

長府の武家屋敷と似た感じ。昔の街並みってこんな感じだった

んですね。

Dscf1976

有料のところと、勝手に入れるところがあります。

Dscf1977

これは藩校の跡。(無料)

Dscf1978

土壁と緑の色彩が絶妙で、バランスですごくいい感じ。

日本人の美意識がつくる街並みですね。

Dscf1979

この坂が杵築で最も有名なポイントです。

Dscf1996

撮影でも、よく使われるらしい。

Dscf1985

雨で濡れた石畳が趣があって、いい感じですな。

Dscf1987

なかなか風情がありますね。

Dscf1989

武家屋敷街の展望所から見た風景。お城が見える。

Dscf1997

で、お城に歩いて行ってみます。

Dscf1998

そんなに大きなお城ではありません。

甲冑などを展示してました。

Dscf2003

天守閣から見た杵築の街。

TD国東はあの辺りまで帰って来たら、残りが約5㎞ほど。

出走してたら、いつも「あとちょっとだ!」と安心するポイントです。

Dscf2004

あの橋の手前で2段階右折しますよね。

お城を見たら、杵築を後にして、豊後高田方面に行きます。

ナビ任せで進むと、ツールド国東のコースを車で走ります。

Dscf2005

いたるところにツールド国東の看板や、矢印がありました。

で、峠のてっぺんあたりで

Dscf2006

Bコースの最後尾とすれ違う。

それにしても、もうすでに横殴りの雨と、車も揺れるほどの突風。

ホントに予報通りに大荒れになっちゃったけど想像以上に大変

なことになってる・・・。もはや台風並みって感じ。

なもさん、ゆったんさん、大丈夫かな???

ちょっと心配・・・。

あまりにもコンディションがひどすぎる!これは危ないよ!

Dscf2010

写真じゃ伝わりにくいけど、木の枝が折れそうな程の風。

Dscf2008

実際、路上にも折れた木の枝などが沢山落ちてる状態でした。

みんな、踏んでパンクなどしなければいいのだけど。

横風でハンドルとられて落車など、参加者の皆さんが怪我だけ

はしないことを祈って、国東半島を離れました。

このあと、G-3の実家に行って、ご先祖様に手を合わせてから

この日の宿に向かいました。

2年連続でDNSとなってしまった、ツールド国東。

2年連続で、その日の重要な時間だけピンポイントで天気が荒

れたなんて、残念すぎる結果ですが、もはや仕方ありません。

来年こそ、快晴の国東を走れることを期待したいと思います。

大変なコンディションの中、出走された皆さん、お疲れ様でした。

ブログを見てくれた皆さんと次回会えるのを楽しみにしています。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。



にほんブログ村

2016年5月 4日 (水)

ツールド国東2016 移動日編

銭助です!

怪しい天気予報に惑わされながらも、わずかな期待に晴れ男の

望みをかけて、ツールド国東に5/2(月)に出発しました。

Dsc05816

門司でG-3(じいさん)を拾って、一気に宇佐へ。

Dsc05821

とりあえず宇佐でお昼ご飯にします。

G-3の希望で、お昼は「うなぎ」

Dsc05818

メニュー見て、「とりあえず一番高いの食っとけ!」ってことで

Dsc05819

ひつまぶし特上。

Dsc05820

ド~ン!

大変素晴らしかったです。(もう一人前食べたかった・・・。)

で、そのあと「腹ごなしにちょっと歩こう!」と向かったのが

Dsc05859

宇佐神宮。

Dsc05823

多分、20年以上は来てない気がする。

(正直あんまり覚えてない・・・。)

Dsc05827

橋の上から下を見ると

Dsc05825

鯉やカメがいっぱい。

Dsc05830

この鳥居を通りぬけると

Dsc05836

手水舎がありました。

Dsc05837

皇族もここで車を降りないといけないみたい。

昔、白馬の馬舎があった気がしたけど、もうなくなったんだろうね。

Dsc05839

下宮は帰りに寄るので素通り。

Dsc05842

本殿へと上っていきます。

Dsc05843

森を抜けると見えてきました。

Dsc05847

宇佐神宮は、全国に4万以上ある八幡宮の総本宮。

Dsc05848

本殿でお参りをしますが、通常の神社は「二礼二拍手一礼」で

お参りしますが、宇佐神宮は「二礼四拍手一礼」と、少し違った

作法でした。

Dsc05850

本殿は国宝です。

Dsc05851

すごい急階段。ダッシュの練習したらキツそう・・・。

Dsc05852

帰りは下宮方面に下ります。

Dsc05855

下宮も立派ですね。

Dsc05858

境内をいろいろ散策します。(結構広い!)

Dsc05860

G-3が高校生の頃は、この機関車が走ってたらしい。

このあと、宿のすぐ近くの親戚のおばちゃんの家に寄ります。

Dsc05861

お米をいっぱいもらってきました。

Dsc05862

今日の宿は、ツールド国東の前日は必ずここ。

「はちまんの郷宇佐(昔のかんぽの郷宇佐)」

Dsc05864

お部屋は、和室と

Dsc05865

ベッドがあって、ゆったり。

で、晩ごはん。

Dsc05866

Dsc05868

Dsc05869

ご馳走ばかり食べてますが、明日走らなければ「単なるデブ」に

なって帰るだけだな・・・。明日もご馳走食べるの決まってるし。

さあ、どうなることやら・・・。

国東のために練習して来た様なものなので、なんとか走りたい!

13時から雨予報が、9時から雨予報に早くなってるし・・・。

とにかく、銭助一人なら走るのですが、G-3がいる以上、絶対

安全が最優先!なので、雨ならDNSと決まってます。

とりあえず、現地で判断することにしました。

今日はこの辺で、当日のレポートへ続きます。

(走ったのか?DNSか? も次回の記事で。)

良ければ下記ロードバイクバナークリックください。



にほんブログ村

2016年4月24日 (日)

グランツールせとうち2016 帰宅編

銭助です!

グランツールの記事、今回が最後の帰宅編です。

お好み焼きをいただいて、満足してホテルでゆっくり眠りました。

朝起きたら、大浴場でサウナに入って、ゆっくりお風呂に浸かり

朝ごはんへ向かいます。

(ちなみに4/18(月)は、有給で会社お休みしてました。)

Dscf1845

朝からバイキングでガッツリ食べたら、北九州に向けて帰路に

つきます。

美東のサービスエリアで休憩。

そこで

Dscf1846

熊本の災害支援の自衛隊車両の車列が休憩中。

Dscf1847

G-3(じいさん)が話を聞きに行くと

Dscf1848

福島からの部隊とのことでした。(移動だけで大変な距離だ!)

Dscf1849

みなさん、頑張ってきてください!よろしくお願いします。m(_ _)m

で、北九州に帰って来たので、お昼ご飯に向かったのは・・・

Dscf1858

最近、銭助のブログで登場頻度の非常に高い「福ちゃん」

(結構気に入ってるので、しょっちゅう行ってます!)

家からすぐだしね。

Dscf1852

今日のお目当ては、ランチのお重シリーズで一番高い・・・

Dscf1853

「特上ハラミ重!」ぢゃっ!

Dscf1854

ド~ン!

Dscf1855

こりゃ~ウメ~ぞっ!コノヤロウ!

「極み牛タン重」も素晴らしいですが、肉肉しい肉が食べたい

時は、こっちの方がぜったい満足!

とにかく、「肉食ってる!」って気になります。

柔らかい最高級のハラミを噛むほどに肉の旨みがする!

自転車で使った筋肉に、タンパク質が染み渡る気がする・・・。

店長に「先日は自転車乗り5人でお世話になりました!」というと

「あの時は牛タン重でしたね!ハラミ重も美味しいでしょ!ちなみ

に僕の一番のオススメは特上カイノミ重なんです!」とのこと!

Dscf1851_2

カイノミ重(2380円+税)、今度また食べに来なくちゃな・・・。

で、今回のグランツール参加を振り返ります。

しまなみ海道、ホントに素晴らしいです!最高に楽しかった!

何度も死ぬかと思った超風も貴重な楽しい思い出になりました。

で、来年もまた出るかというと・・・

今のところ、「わかりません!」

それは、初参加の時から正直感じてた、大会のクオリティー。

今回のエイドを振り返ると

Dscf1653

第一エイドは「どらやき!」

Dscf1705

第2エイドは「つみれ2個!」。

Dscf1726

第3エイドの「弁当」

Dscf1759

折り返し地点の第4エイドは「レモンクッキー3個」

これ以降の帰りのエイドは、基本的にドリンクだけ。

Dsc05771

参加証は、手のひら大の巾着袋。

これで参加費7000円也。

毎回こんな感じです。

正直、通常のサイクルイベントと比較すると寂しすぎます。

芸能人呼んで派手な演出のほうに力入れてる感じ。

毎年そうですが、エイドが他に例を見ないレベル。

主催がテレビ局だと、どうしてもこうなっちゃうのかなあ・・・。

各エイドのスタッフさんは、一生懸命やってくれてますし、瀬戸田

高校の高校生の心のこもったおもてなしには、本当に感謝して

おります。

だから、毎年なんだかちょっぴり残念な気分になるんです。

しまなみを走りたいがために、それを承知で参加してきましたが

しまなみもだいたい判りましたから、来年以降はもういいかな?

っていう気もしなくはない。

次回行くなら、7000円あれば自分で行って3~4000円の豪華

ランチを食べ、2000円で寄り道したお店でジェラートやコロッケ

食べて、1000円をドリンク購入費に充てたほうがいい気もする。

まあ、国東前の練習にはなるし、しまなみにいく理由にはなるので

来年のことは、また来年考えるとしましょう。

でも、しまなみにはやっぱり毎年行きたいしね!

さて今回は写真を沢山撮って、しまなみ海道を詳細にレポートして

みました。

僕のブログに辿り着いた皆さんが、「いつか走ってみたいんだけど

しまなみ海道ってどんなところだろう?」という疑問解消のヒントに

なれば!と思って書いたので、長めになっちゃいましたけど。

そんな疑問の役に立てたなら、これ程嬉しいことはありません。

さあ、次は5/3のツールド国東!西日本でも最大級で開催35回

を迎える、超老舗サイクルイベント。

これは、ブログそっちのけで、少し真面目に走ろうかな?と思って

います。

ローカルブロガー銭助の記事がショボくなっても、九州の一流ブロ

ガーさん達が沢山記事をUPされるでしょうから、そちらにお任せ

しようかな?と思ってます。

(なも師匠、PICCOLINOさん、他の皆様、お願いします。m(_ _)m)

というわけで、長かったグランツール関連の記事、これにて完結。

良ければ、下記ロードバイクバナークリック願います。


にほんブログ村

2016年4月23日 (土)

グランツールせとうち2016 その④

銭助です!

まだまだ続くグランツールのシリーズ、その③から続きます。

お付き合いくださいね。

Dscf1785

さあ、ドリンク補給し、写真も撮ったら伯方島のエイドを出発!

Dscf1787

大三島橋へ上っていきます。

お父さんと110㎞コースに出てる小学生の男の子!

頑張ってるね!立派です!

Dscf1789

大三島橋を渡って、伯方島から大三島(おおみしま)へ。

Dscf1790

それにしても、雲一つない。

Dscf1792

道は広くないので、ゆっくり下ります。

Dscf1793

平地に降りたら、今度は追い風に押されて、気持ちよく走れる。

Dscf1794

車も少なく、コースの大半が平坦基調。

しまなみ海道は、安全に楽しく走れて、絶景ポイント満載。

自転車の聖地と謳われるのは、走れば納得しますよ。

Dscf1796

美しい多々羅大橋が見えてきた。

Dscf1797

橋を渡ると

Dscf1799

生口島(いくちじま)。

このあたりから、ちょっとだけ今日初めて上げ目で走ってみる。

次のエイドまで、前に見えた人やトレインは全部追い抜きました。

(いままでチンタラしすぎて体力が余って仕方ない。)

Dscf1802

で、エイドの「瀬戸田高校」に到着。

Dscf1803

毎年、高校生が気持ちよくおもてなししてくれます。

Dscf1804

ペットボトルもらったけど、1本全部はちょっと多い。

でも、捨てるのもったいないので、全部飲みました。

当然お腹が「ちゃっぽん!ちゃっぽん!」になる・・・。

Dscf1805

ほかは、ミカンや八朔やレモン。

柑橘類の産地ですからね。

Dscf1806

おばちゃんに、レモンの蜂蜜漬けをもらう。

Dscf1807

あっ!レモンちゃん発見!

補給が済んだら出発!

Dscf1808

ここからもちょっと上げ目のペースで走る。

Dscf1809

次の生口大橋が見えてきた。

Dscf1810

橋を渡ったら

Dscf1812

因島(いんのしま)

ちょっと走るとすぐに

Dscf1813

万田発酵の巨大大根オブジェ!

Dscf1815

寄らなくてもいいんだけど、誘導されるままエイドに寄ります。

Dscf1816

寄ったからにはドリンクをもらう。

Dscf1818

早々に出発します。

さあ、あとゴールまで10マイル(約16㎞)

このあとも、上げ目に走ってたら、後ろに気配がする・・・。

ちらっと振り返ると、6~7人のローディーさんが貼りついてます。

「この人達、速いローディーさん達だ!」

直感でわかったので、「じゃあ、銭助列車出発しますか!」という

ことで、当面の間、列車を牽くことになります。

後ろの人たちに満足してもらえるように、35㎞~40㎞と35㎞を

とにかく下回らない様にしながら、しばらく走ります。

Dscf1820_2

写真ポイントの恐竜公園?があったので「ここまででいいかな?」

と思い、左の路側帯に入ると、皆さん「ありがとうございました!」

とお礼を言って、走り去って行かれました。

全員が挨拶してくれましたよ!

銭助も「あと少し、頑張ってくださいね!」と見送ります。

とても気持ちのいいローディーさん達でした!

Dscf1821

さて、この後はまたまったりモードに戻してポタリング。

(ちょっとだけ刺激を入れたら満足しました。)

因島大橋を渡って、ゴールのある向島(むかいしま)に戻って

きましたよ。

Dscf1822

ここでも立ち止まって写真タイム。

Dscf1825

キレイですよね。

Dscf1827

沢山の人が通り過ぎて行きます。

Dscf1828

ゴールまであとちょっとですね。

Dscf1830

赤い橋が見えてきた。

Dscf1831

が、のどかな瀬戸の風景があったので、また写真ストップ。

Dscf1832

最後は運動公園前のさかを上って、あっけなくゴール。

ゼッケンチェックを受けて、参加賞を受け取ります。

Dscf1833

で、ゴール写真撮影用のステージはすごい行列だったので、

もう3度目参加の銭助は「まあ、別にいいや!」となります。

駐車場で参加賞手に1枚だけ記念撮影。

良く遊んだイベントでしたな。チンタラしすぎて体力は相当余って

ますけど。

とういわけで、本日の走行記録

 走行距離  140.41㎞

 走行時間  6時間04分18秒

 平均速度  23.1㎞/H

イベントでここまでゆっくり走ったのは初めてです。

過去最遅のAVGですね。でも、すご~く楽しかったな。たまには

こんな走り方もいいかも。

で、早々に撤収して、今日の宿泊地「広島」に向かいます。

Dscf1844

大浴場のあるホテルで、汗を流して向かったのは

Dscf1841

お好み村!

Dscf1835

今日入ったお店は、「八昌(はっしょう)」

広島を代表する人気店ですよね。

もちろん本店にも行ったことありますよ!

銭助は、広島に行ったら「八昌」か「さらしな」にしか行きません。

確実に「当り」ですからね。

知らない店に冒険して「ハズレ」より絶対いいもんね!

Dscf1837

早速生ビールをいただきます。

Dscf1838

イカ焼き!(結構食べてからの写真になってしまった・・・。)

Dscf1839

で、お好み焼き。

もう、生ビールが、進む!進む!

八昌は、シンプルで美味しいんですよね。

このあと、ホテルでゆっくりと眠りましたよ!

さて、あとは帰路編まであと1回続きます。

お付き合いください。

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。



にほんブログ村

2016年4月22日 (金)

グランツールせとうち2016 その③

銭助です!

さあ、週末がやってきますね!でも天気が悪そう・・・。

明日ちょっとくらい自転車乗れるかなあ・・・。

それにしても、今年の4月は雨ばっかりですね!

さて、その②から続きます。

Dscf1726_2

昼食会場でお弁当食べて、出発!

Dscf1731

すぐに次の大島に渡る橋の連絡通路に入ります。

Dscf1732

上っていくと見えてくるのが

Dscf1739

伯方大島大橋。

Dscf1733

通路は多少広めです。

Dscf1736

橋の上から、さっきの昼食会場が見える。

Dscf1737

海もきれい。でも超風。そして怖い。

Dscf1740

それにしても、写真ポイントがいっぱい。

停まっては写真ばっかりで、全然進まん!

Dscf1741

この橋もいい橋ですな。

Dscf1744

大島の海沿いを向い風の中走ります。

Dscf1745

風がなければチョ~最高!

風があっても、結構(かなり)最高!

しまなみ海道っていいですな~。

Dscf1747

ゆっくりポタリングで進んでるので、体力は十分残ってます。

Dscf1748

信号に引っかかって

Dscf1749

その先の坂を超えると・・・

Dscf1750

しまなみ海道のハイライト、来島海峡大橋が見えてきたぞ!

Dscf1751

またまた連絡通路を上りますが、ここからが忘れられない恐怖の

始まりでした。

Dscf1753

しまなみのコースは、ほとんどがフラットコース。上りと言えば

橋へと上っていく、連絡通路が大半です。

当然橋は、標高50~80Mの高所にかかってあるので、通常

の道よりも、強い風が吹いています。

特に、橋は遮るものがないため、今日の様な「超風」が吹いてる

日は、とんでもないことになってます。まるで台風のよう・・・。

Dscf1754

その超風の、トンデモネエ洗礼を、ディープリムホイールで受け

ることになります。

「ギョエ~ッ!」「ヌオ~ッ!」「ボエ~ッ!」

何度となくハンドルをとられ、自転車ごと吹き飛ばされそうになり

ながら、辺り構わず悲鳴を上げます。

とにかく、ず~っと悲鳴を上げっぱなし。

ブラケットを持ってたら、ハンドルを持って行かれるので、下ハン

を握りしめ、落車しないように、恐る恐る進むのがやっと。

自転車で、こんなにも怖い思いをしたのは初めての経験です。

特に橋脚の部分を通過する時は、風が舞っており、楽しさ余って

怖さ100倍。

Dscf1757

景色はこんなにきれいなのに・・・。

(飛ばされそうになっって、思わず足をついたところで撮影)

約5KM弱の橋を渡る間に、何度死ぬかと思ったか判りません。

やっとの思いで渡り切り、折り返し地点のエイドに到着。

Dscf1758

自転車を降りると、ハンドルを握り締めてた手が震えてました。

土方仕事のあとみたいに!

肩や首もガチガチに凝ってるし・・・。

(どんだけ力が入ってたことやら・・・。)

決して自分のライドスキルが劣ってるとは思いませんが、今日

はマジで怖かった!

で、給水した後、もらったもは

Dscf1759

レモンクッキー3枚。(これじゃ、もはやエイドとは呼べないな!)

Dscf1761

自転車を移動して、絶景の来島海峡大橋の絶景を撮影します。

Dscf1762

ここまで走ってきた証拠に銭助も入る。

Dscf1764

それにしても、凄い橋をかけたもんですねえ・・・。

ここでしか見ることの出来ない、美しい景色。

きっと、日本の橋梁技術の結晶でしょう。

仕事に携わった皆さんは誇りでしょうね!

存分に眺めたら、折返します。

さあ、ここから後半戦だ!

Dscf1768

橋の途中、人がいないポイントで1か所だけ停まって写真を

とりました。

Dscf1769

まだまだ沢山の人が、折り返しエイドに向かってます。

Dscf1770

帰りは左斜め後ろからの追い風基調で、危険は感じずに渡れ

ました。

Dscf1772

で、大島の来た道を帰ります。

Dscf1775

上って、下ると・・・

Dscf1778

また海沿い。

Dscf1779

伯方大島大橋が見えてきた。

Dscf1780

連絡通路を上って

Dscf1781

橋へと向かいます。

Dscf1783

橋の入り口。

帰りは追い風で、気持ちよく一気に渡ります。

で、橋を降りたらすぐに伯方のエイド。

ドリンクをもらって、あと頂いたのが

Dscf1784

レモンジュレ。

相変わらずの超風でテントが飛ばされそうで、テントの撤収準備

してました。

エイドのボランティアスタッフさん、ホントにご苦労様です。

Dscf1786

で、エイドから出発しようとしたとき、写真スポット発見!

石を掘った鯛。

Dscf1785

いい絵が撮れてます。

というわけで、その④へ続く。(まだまだ続くよ!)

良ければ下記ロードバイクバナークリック願います。







にほんブログ村